FC2ブログ
★ どんぐり村の動物病院 S.PET.CLINIC の日常や記事  ★ 正真正銘の「村」の小さなクリニックから発信 ★ 検索フォームで過去記事のキーワード検索もできますよ!  平日9-12、15-18  【土日祝日要電話】
2010年05月19日 (水) | 編集 |
不測の事態(力及ばず、、)で少し凹んでいますので、ネガティブ?な話題です。
すんません、、。

「動物好きだから獣医師になって動物助けるために動物病院やってるんですよね」
「だったら、動物の為にもっと安くして!」

上記のように、はっきり言う人は極めて稀ですが、こういった
見解で獣医師を見ている方は少なくないようです。


まず、動物が好きなことに間違いは無いと思います。
ただし、飼い主さんにも抑えられず、獣医師に歯をむいてくるような
ワンを好きかといえば、大嫌いですし、ニャンコフリークな私でさえ、
命がけで攻撃してくるニャンコには、背筋が凍ります。

次に、動物病院はボランティア組織ではありません。飼い主さんから
診療報酬で薬剤を買い、機材を整備し、なんとか
動物病院を運営し、その利益をいくばくか頂戴して「生活の糧」としています。

過去ブログにも何度も書いていますが、信頼関係が成立している飼い主
さんとの間には、診療代の割引は良くあることです。
しかし、「一見さん」の「安くして!」「無料で!!」という申し出は
大抵断っています。
そんな事を日常的にやっていたら、信頼して規定の報酬をいただいている
一般の飼い主さんに申し訳がありません。

歯医者さんに向かって、「歯が好きだから歯医者さんやってるんですよね?」
「だったら安くして!」
という、意識、見解を持ってる方はまず、絶対といっていいほどいないと思い
ます。

仕事として報酬を得るため歯医者をやってるのであり、動物病院をやってる
わけです。
もちろん、それだけではなく、地域医療に貢献したいとか、信頼される町医者を
目指しているとかの「経営あってこその獣医師としての志(こころざし)」
は当然持っています(私の場合)。

なぜか、動物病院の獣医師は、本記事の文頭のように思われてしまう事が多い
ようです。敷居が低い?のか、地位が低いのか?現金支払いの自由診療が災い
しているのか??




スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
>「動物好きだから獣医師になって動物助けるために動物病院やってるんですよね」
>「だったら、動物の為にもっと安くして!」

基本的に食べて行かなければならないから、動物病院をやっているんですよねぇ…。
食べて行く為の仕事に獣医を選んだだけの事。
私は飼い主側ですが、とてもじゃないけど動物好きならもっと安くして! とは言えないです(苦笑)

上の理論が通るのなら、逆に飼い主に対しては
「動物好きだから動物を飼ったわけですよね。だったら、もっと動物の為にお金出してもいいじゃない!」という理論も通ると思います。
適正な処置に適正な金額を払うのは当たり前だと思います。
心配なら、先に治療費を聞いてみれば良いだけではないかと。
納得出来ないなら他所へ受診すれば良いだけですよね。

獣医師に対する信頼・・・診察の腕が第一ですが、やはり説明がきちんとしている、野良犬・野良猫に対しても同じ命として診てくれる方でないと私は信頼出来ません。
2010/05/19(水) 11:38:08 | URL | ヨノ2 #-[ 編集]
コメントありがとうございます。

動物病院で支払う料金が高いというイメージが出来上がって
しまっている「のも」問題のひとつなのでしょう。

しかし人間の健康保険システムを紐とくと、、、

確かに、歯科も含め、窓口でしはらう料金は少ないですが
一家庭で前納付している健康保険(社会保険、国保など)
は平均所得の家庭であれば、一年間に40万円ほどのはず
です。

つまり、否応なしに、人間の場合、家族単位ではありますが
病院にかかる、かからないを問わず40万円が医療費として
かかっているわけです。

窓口で支払うのは40万プラスアルファのαの部分ということ
になります。

そういうった見方をすると、家庭の家族であるワンニャンの医療
費用は、そう高くはないように思えます。。。(汗)。
(多頭飼育の場合はちと辛いですが、そういった事例こそ、かかり
つけの先生と上手に付き合うことが重要ですね。)

最近ではワンニャンの民間保険も基盤がしっかりしてきて、かなり
機能してきているようです。(一昔前はヒドイもんだったです)


2010/05/19(水) 15:55:10 | URL | S.P.C #0WUWpwZ2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック