FC2ブログ
★ どんぐり村の動物病院 S.PET.CLINIC の日常や記事  ★ 正真正銘の「村」の小さなクリニックから発信 ★ 検索フォームで過去記事のキーワード検索もできますよ!  平日9-12、15-18  【土日祝日要電話】
2010年05月06日 (木) | 編集 |
連休ど真ん中の一昨日の夜8時過ぎ、近くの宿泊施設に泊まられている札幌の
旅行者ご家族のワンが「急な痙攣発作」ということで、受診さ
れました。

旅行中だし、かかりつけの病院も札幌だし、このような痙攣は
初めてということで、ご家族全員、慌ててしまい、携帯電話
数台を使って、あちこち(帯広市内)の病院へ電話を一生懸命
かけましたが、「不在」「今旅行中」「診療できない」「他
の病院を紹介しますが、休日時間外診療がかなり高いですよ」
などと、なぜか、良い対応の病院がなかったようです。

当クリニックも携帯への転送電話に、「痙攣が、、」という
メッセージが残されていましたので、折り返し電話すると、
みんなで一生懸命、電話している(札幌のかかりつけの先生
など)最中でした。

なんとか、その後、受診されましたが、当のワンはすっかり痙攣
がおさまった様子です。

既往歴として、脊椎疾患や、軽い脳圧異常があったようで、、今回
は体温その他異常なしということで、「てんかん」発作と仮診断し
以後要観察ということで御帰りになられました。

今回は、もちろん、初診ですが、旅行中ということで初診料は頂かず
、費用のかかる検査も無しでしたので、抗炎症剤の注射+診察のみ、
ご家族で大変な思いをしたということで時間外診療費用も頂かず、
会計1900円でした。

休日時間外しかも夜間診療 きっちりとる病院なら、いくらぐらい
費用がかかるかはご想像にお任せいたします(汗)。


スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
こんにちは!
先月ぐらいからブログを拝見させていただいています。
本当に親切でお優しい先生なんだなといつも感心しています。

私が通っております動物病院とは全然違うようで…。
私の病院では、飼い犬の突然の不調でも「予約がいっぱいですので」と
あっさり断られたことがあります 汗。
でも近くに動物病院はそこしかないので病院を替えるわけにもいかず…。

先日うちの柴犬(11歳)が突然首の辺りをひどく痛がり元気がなくなり、
その病院に予約を入れて連れて行ったところ、お医者様は犬の体を診察後、
「歳ですし首のヘルニアかも。でもはっきりと断定できない。痛み止めを出して様子見ましょう」と、
特にレントゲンを撮ってみることもなく診察が終わりました。

痛み止めを飲ませてから数日はとても元気でしたが
今日また突然何かの拍子でキャイーンと鳴き、その場にへたりこんで動かなくなりました…。
慌ててその動物病院に電話をかけましたが「予約がいっぱいなので」と云われ、
「痛み止めを飲ませてください」との指示でした。

やはり遠出してでも別のお医者様の診断も仰いでみて
セカンドオピニオンを求めてみるのもやはり重要なのかなと思います…。
お医者様の診断を疑っているというわけではないのですが…。

個人的な話を書いてしまい、すみません 汗。
更別の先生、これからも体に気をつけて頑張ってくださいね。
2010/05/06(木) 18:21:43 | URL | 柴 #/.OuxNPQ[ 編集]
コメントありがとうございます。
コメントありがとうございます。

貴ワンちゃんの件は、頸椎ヘルニア、頸部腫瘍なども推測されますので、
一度、精査のできる二次病院への受診が良いと思われます。

当ブログに関しては、「悪いことは悪い」という姿勢で、案外とはっきりもの
言うスタイルで書いていますので誤解を招いたりもしているようですが、不
透明な動物病院の実態を少しでも知ってもらいたいと思って書いています。

実際、御金もうけに走ってる先生もいますし、真摯に病気に向き合っている
先生もいます。本当にさまざまです。

その中で、「町医者」として、信頼できる先生を見つけることが一般の飼い主
さんにとって何よりだと思います。

その手助けのひとつになれば良いのですが。。時々当ブログ覗いてみてください。
少しは御役にたてるかもしれません。


2010/05/07(金) 09:04:57 | URL | S.P.C #0WUWpwZ2[ 編集]
こんばんは
更別先生こんばんは。

今日、犬がまた急に具合悪そうにしたので、
更別先生の助言通り、違う病院に行くつもりでしたが、
そこは運悪く土曜日曜休みで近くの例の病院に行きました。
ちょうど予約の空きがあって診てもらうことができました。

触診から首の周りには腫瘍などはなさそうで、
普段の症状からやはりヘルニアの可能性が高いとおっしゃいます。
出していただく薬は軽い痛み止めとサプリメント的な物の2種類で
痛みを取ることがメインです。

治療方針としては自然回復に任せるか現状維持(?)ということのようで、
首のヘルニアの手術は技術的に難しいともおっしゃられました。
レントゲンは撮っても仕方なく、CTを撮るにしても全身麻酔をするので
11歳の犬には負担が大きいとのことでした。

正直、他の病気の可能性は探らなくてもいいのかな?と思いましたが、
素人の私ですから、わかりましたとしか返事できませんでした。

とりあえず今度、別の病院にも行ってみることにしますね。
どのようなお医者様が良いか悪いか、なかなか判断できませんが、
更別先生のブログを色々と参考にさせていただいて、
私自身も知識を増やさねばと思います^^

お忙しい中、コメントをくださりありがとうございました。
2010/05/08(土) 22:52:03 | URL | 柴 #/.OuxNPQ[ 編集]
レントゲン
返信ありがとうございます。

頸椎ヘルニアは技術的に難しいので、多くは
大学病院などに依頼するのが通常です。

また、一枚、たった一枚レントゲンを撮るだけ
で、頸椎の何らかの異常(ズレ、付近の深部
腫瘍など)がわかることもあります。
体の表面を触っても腫瘍などは判らないこと
が多々あります。

脊髄造影レントゲンではなく単純なレントゲン
一枚でさえも有益な情報になります。

※単純レントゲンでは情報に限界があります。

撮る意味が無い、、なぜかレントゲンを撮りたが
らない先生もいます。その多くは、アナログ
レントゲン現像を未だに手現像をしていて、
現像までやたら時間がかかったり、現像ムラ
がひどくて良い画像を得る自信が無い病院の
場合がほとんどと言われています。

件の病院は繁盛して予約を取るのも大変だと
いうことでそんな手現像をしているようには思え
ないのですが、どうしてでしょうかねえ。。。

いずれにしても症状が続くようであれば、早めに
CTとはいわないまでも、せめて単純レントゲン
は今後の情報としてほしいものです。

それで、特に異常がなければ安心ではないかと
思います。

わんちゃんの回復を祈っております。

2010/05/09(日) 09:19:09 | URL | S.P.C #0WUWpwZ2[ 編集]
いつも丁寧な返信ありがとうございます
更別先生こんばんは!

あれ以来、うちの犬は比較的元気にしており、
痛み止めを飲ませなくても普段と変わらず大丈夫なようです。
なので別の病院へ行く機会もなく、
レントゲンを撮ることもなく今に至っております。。。

ただ最近、よく片方の耳を下に傾けて体をブルブルしたり
首から耳の後ろ辺りを頻繁に掻くのが気になりますが。

そろそろ更別村では桜が咲く(咲いた)頃でしょうか?
そちらはそろそろ良い季節になるんでしょうね。

お仕事、がんばってください。
2010/05/21(金) 01:54:12 | URL | 柴 #/.OuxNPQ[ 編集]
コメントありがとうございます。

飼い主さんの「いつもとちょっと違う。。」という
情報が我々獣医師にとって、もっとも大事です。

どうぞ、おだいじになさってください。

ありがとうございました。
2010/05/21(金) 09:09:48 | URL | S.P.C #0WUWpwZ2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック