FC2ブログ
★ どんぐり村の動物病院 S.PET.CLINIC ★ 正真正銘の「村」の小さなクリニックから発信 ★ 0155-52-3711 ★ 平日 9:00-11:30 14:30-17:30  【土日祝日要電話】
2017年11月28日 (火) | 編集 |
報道から、、、

登別市で横断歩道を横断中(人の信号は青)の19歳の男子学生が、
飲酒運転の男に轢き殺された。。昨日の夜10時ごろ。。

まさか、横断歩道を青信号で横断中に、尋常でないスピードで車が
突っ込んでこようとは夢にも思わなかったことだろう。。。

どれほどの恐怖と痛みであったことでしょう、、、。

事故時は意識不明の重体で緊急搬送されたが、みんなの願い虚しく
19歳の若き未来ある命が理不尽に奪われた。。

加害者の車には飲酒運転の本人の他に、家族と知人も同乗していた
とのこと。。。

完全な、殺人事件でしょう!!

今春、入学して、みんなと同じ目標、目的意識を持って、勉強に
勤しみ、有意義な学生時代を謳歌していただろうに、、、。

親御さんの悲しみと怒りは、想像を絶するものだろう。

私が、もし、この子の親で、もし、天涯孤独になってしまったら、、、
確実に相手を葬るでしょうなあ。。。

合掌







スポンサーサイト



2017年11月27日 (月) | 編集 |
今季最低のマイナス13度(午前6時)でした。朝、外に出たらやっぱり
鼻毛がちょびっと凍った(笑)

日中の最高はマイナス1度のこと。

昨日は雪も15センチほど降って、この気温で溶けないので、この雪が根雪
ということになる。

この先は、道路や建物以外は、白い世界となるでしょう。




2017年11月24日 (金) | 編集 |
4日前あたりから喉が痛かったが、さらに鼻が詰まってきた(汗
体温も微熱ありかもしれない。。

昨晩は鼻づまりがひどく夜中何度も起きなければならず、ちょい辛かった。
ちょーまずい生薬漢方系ドリンクやタウリンドリンクを飲んで、なんとか
仕事しています。多分、熱(体温)は大丈夫だろう。

11月に入って、なんだかんだとほぼ毎日手術があったが、20日から
ぱったり途絶えた。。。
今日もオペないので、隣町へ往診。手持ち無沙汰ではある(汗


2017年11月20日 (月) | 編集 |
ここ数日間、明日まで、「真冬日」が続いた(続く)。

真冬日とは、、「最高気温がゼロ度以下の日」。

今日の明け方の最低気温はマイナス7度、最高は零度。
明日もね。

しかし、マイナス7度は本地方ではまだま序の口(汗
大雪(毎週一回40センチ積もる)もこれからである。

家の中はあったかいけど、それなりの暖房費用がかかる。
好景気(ホントか?)とはいえ、庶民の生活には関係な
い(その恩恵はなし)ようだしね。




2017年11月16日 (木) | 編集 |
明日は大事な法要で完全休診です。

代わりに土曜日は午前中普通診療です。

明日を休診させるために、予定診療(継続診療)を今日に
集中させたので、普段より(普段からそう忙しくはないけど)
ちょい、忙しい今日でした(汗)。 
普通に犬開腹手術もあったしね。


2017年11月15日 (水) | 編集 |
朝いちで往診依頼があり、今日はオペの予定が無いので、了承。

片道1時間、往復で二時間の距離を昼から行ってきます!

現在、札幌や旭川方面では雪が降っているようですが、本地方は快晴
ですので、運転は楽だと思いますが、じ、時間が、、、。


2017年11月10日 (金) | 編集 |
最近、ちょいと難度が(私にとっては)高い手術が続き(続くと
いっても獣医師一人のワンマンプラクティスのちっぽけなクリニ
ックだから、たかが知れています)、なんだか嫌な感じだった。。

でも、今日は、ふつうの猫不妊(雌)手術が一頭のみ。

余裕こいていたら、、、

「ああ、そうか、もう冬だ、、、皮下脂肪、内臓脂肪蓄積が、、、」

そう、これからの季節のニャンコの不妊手術(開腹)は、内臓
脂肪が多くなり、開腹創が小さい「子宮釣り出し」がなかなか
厄介になる時期なのでした。

さほど「余裕」ではなかったです(汗




2017年11月09日 (木) | 編集 |
体表(皮下や筋組織付着など)の腫瘍は、悪性の肥満細胞腫などでさえ、その多くは
マージンさえ取れれば比較的手技的にはそう難しくはない。

体表で厄介なのは、腋窩リンパ節の部位や、最後部の乳腺腫瘍あたりかな、、、。


あ、あとは、今回(下記)のような、「皮膚が足りなくなる箇所」ですな。。

今日初診のワンは、肘部の内側及び外側にわたる(肘を包むような?)大きな腫瘍
しかも感染(自壊)起こして、正常部位まで浸潤しており、、、

さすがの私(爆)でも、「ひ、ひふが、、、」

うーむ。。。数日抗生剤で治療して、腫瘍切除部位を屈曲させ胸部皮下埋没して、
数日後離断して皮膚縫合か?

屈曲時のテンション(胸部ぐるぐる巻き)持つかな?

それとも最初から、自家皮膚移植?

皮膚移植も、平板的な部位なら生着しそうだけど、肘頭を取り巻く部位は
難しいような、、、。

はてさて。。。



2017年11月06日 (月) | 編集 |
数日前はワン裂創、今日はワン下腿骨粉砕開放骨折。。。

農家さん自宅敷地内事故が続いた(←年間結構多い)。

今は、収穫も最終段階で多忙で、注意力が落ちているのかも、、
まあ、放し飼い自体(敷地内ですが)がアレかとは思うけど、、

さて、気合いを入れて、可能な限り、脚を残す(プレート、スクリュー、
ピンニング)方向で手術を進めるつもりですが、汚染激しく、皮膚と皮下
組織で繋がっているような状況ですので、はてさて。。。


2017年11月03日 (金) | 編集 |
さきほど、「注射針を使った縫合」を、ちょーひさしぶりにやった。

外科用縫合針(湾曲)や持針器、鑷子(ピンセット)などの
器具を一切使わない縫合だ。

糸と、普通の注射針一本あれば、簡単に(患者さんが動かない)、出来ます。
針を曲げたり、加工したりなんてのは必要ありません。

注射針を、「直針」のように皮膚貫通させ、針の穴に糸を通し、針を抜くと
糸だけになりますので、それを指で結びます。

緊急的な場合や、器具がない場合(笑)など、縫合以外の処置(テープ縫合など)
に使います。

野外で、器具がなくて、なぜか、注射針と糸はあるって場合(笑)に有用
ですね(爆

さて、今日は、予約診療日、予定手術ありで、現在、滅菌完了待ちです。