FC2ブログ
★ どんぐり村の動物病院 S.PET.CLINIC の日常や記事  ★ 正真正銘の「村」の小さなクリニックから発信 ★ 検索フォームで過去記事のキーワード検索もできますよ!  平日9-12、15-18  【土日祝日要電話】
2013年11月28日 (木) | 編集 |
オスニャンの「尿道閉塞」で膀胱へのダメージが中等〜重度の
場合、数日間膀胱が「馬鹿」になる。

脊椎からの膀胱への神経支配などは侵されないが、膀胱そのもの
の組織が、「伸びきって縮まなくなってしまう」←わかりやすく
言うと。

なので、膀胱に尿がいっぱいいっぱい貯まっても、自力で排出でき
なくなり膀胱がぱんぱんになりながら酷い尿漏れを起こすこケース
や、、収縮しないので、あたかも尿道閉塞を起こしているかのように
みえる状態(←実際に詰まっていない)のケースもある。

そういったケースでは、尿道カテーテルを留置して尿を膀胱に貯留
させないような状態を保つのが効果的(空、つまり収縮状態に近い
状態を持続させる)と言われている。

が、実際は、持続的に空にしても、一日一回、空の状態にしてあげて
も、治癒(正常になる)期間はさほど変わらない
ように思える。。。
どっちみち(留置でも)、膀胱が馬鹿になってしまった場合、7日は
治療にかかる
と思う。

尿道カテーテルから感染などを考慮すると、留置して7日間入院治療
よりは、なんとかがんばって7日間毎日通院して導尿治療の方が、ニャ
ンのストレス軽減にもなるし、治療費の軽減にもつながると思う。
←ただし、、、尿道カテーテル処置を毎度毎度、なんとかやらせてくれ
るニャン限定だけど、、(やらせてくれる子の方が圧倒的に多いと思う)。

7日間入院治療して8万とか10万とかありえへんなあ。。。飼い主さん
が可哀想。。

今回も同様のケースで総診療費(通院7日)は2万ちょいだったかな(汗)
まあ、、安ければイイというわけでもないけどね。




スポンサーサイト



2013年11月26日 (火) | 編集 |
頬袋の「反転脱出」のジャンガリアンの子が受診しました。
なんか久しぶりに反転脱出を見た。

手術手技的はとても簡単なのですが麻酔のリスクがワンニ
ャンより高いです。←危険という意味ではありません。

今回、発見が早めで脱出の程度がさほど酷くなく粘膜損傷
も少ないようなので、一日一回、戻してあげて3日ほど様子
をみて、相変わらず毎度毎度脱出するようであれば切除しま
す。

強風、大雨で大荒れ一転、今日はいい天気。でも明日は雪らしい。


2013年11月22日 (金) | 編集 |
インフルエンザ流行の兆しあり。
うちの子供達(人間)も病院に接種予約する。

この時期、案外、当クリニックへの「混合ワクチン」接種
の為の受診数がいつもより、やや多い。

この時期前後に接種したワンニャンの飼い主さんには、、、

「人間のインフルエンザのニュースとか聞き始めたら、
この子もワクチンの時期だと思ってください」

とお話しているせいもあろう。。

何度か書いているが、、、当クリニックでは、ワクチンやフィラリア
のダイレクトメールは一切出していない
ので、一年に一度のワクチン
時期を逸する飼い主さんも多い。←DM出していない病院は日本中探して
もなかなか無いであろう(笑)。

飼い主さんに自分のワンニャンの大事なワクチン時期はせめて覚えて
もらうようにしています。。

ということで、インフルエンザで連想ゲームの混合ワクチン接種、、
なので、「やや」ワクチン接種率が高い今日このごろです。。








2013年11月21日 (木) | 編集 |
なんでもかんでも手放しで療法食がいいわけではないが、
ベストな選択の場合も多い。

が、、、高い。。

例えば某メーカーの某尿関連の療法食はニャンコの2キロ
(ドライ)で、飼い主さん渡し価格が3600円から4100円
(税込み)程度であろう。←病院によってばらつきあり。

平均?4000円だとして、ニャンコ単独飼育の場合、一日
あたりの食費は200円ほどか。。。
一日200円と聞けば、ああ、そう高くないね〜と思うが、、

米(コメ)よりキロ単価が高いですな。
大量生産で原価はかなり安いはずなのにね。。

今日も年金で暮らしておられるご夫婦へ療法食渡しあり。

「高くてすみません」というと、
「いえ、いえ、この子が長生きしてくれるなら安いもんです。
どうぞお気遣いなく。大丈夫ですよ。いつもありがとう。」

とのことでした。


2013年11月19日 (火) | 編集 |
(昨日、糖尿病ワンの事を少し書いたので)

この間、新聞をみていたら、興味深い記事を見た。

あ、人用のサプリです。特保でもありません。
          ↓
健康補助食品(サプリメント)であるはずの亜麻仁油
を「治療効果がある」と錯覚させるような内容でした。

販売者が意図的にそうしたか、たまたま記事を書いた
記者が知らずにそう書いてしまったのか、、、。

作って、宣伝して、売らなければ経営が、、ということ
は良くわかるのですが、せめて、、、、

「様々な疾患の補助療法としておすすめできます」とか
「健康維持が出来る、、可能性が高い」とか書けないの
だろうかと強く思いました。








2013年11月18日 (月) | 編集 |
最近、村内または付近で火事が多いようだ。大きいものでは
ないようですが。。。

クリニックの目と鼻の先が消防署なので、出動するとすぐわかる。
救急でも消防車がレスキューとして手動することがあるがその場合
は「鐘」はならさないが、最近はしょっちゅう鐘を鳴らしながら出
動が多い。←たぶん「鐘」を鳴らすのは火事だと思う(汗)。

やはり暖房設備が起因しているのであろう。注意せねば。。。

今さきほども出動して行きました。たいした事でなければいいので
すが、、。

関係ないけど、、

最初は「とてもじゃないが出来ない、、無理無理無理。」と嘆いて
いた糖尿病ワンの飼い主さん。怖くて出来なかった注射も難なく出
来るようになって、ワンもニッコリ。良かったね。←さきほど受診。

keiとマッケンロー

クリックして動画をどうぞ!
最高だね!









2013年11月13日 (水) | 編集 |
今日もニャンコ不妊(発情まっさかり)手術があった。

いつも思う事(当然の事象だけど)だが、、、

発情時の子宮は太い。
子宮に伴って走行している血管は見た目通常時と変わらな
いが、一旦血流を遮断(結紮)すると、驚くほど怒張して
血管破綻(破裂)するんじゃないかと思うほどである。

こういう状態で粗雑に扱う術者はいないだろうけど、うっ
かり器具がひっかかったりしたらけっこうな出血だろうな
あ、、と思う。。

なにを今更言ってるの、、みたいだけど、なぜかしみじみ?
思ってしまった今日でした。

あ、明日予定の停留精巣の手術が延期になってしまった。。。
中止ではなくあくまで手術日変更なのだが、手持ち無沙汰
になってしまう(汗)。



2013年11月12日 (火) | 編集 |
北海道は秋ではなくもうすっかり冬である。

道北は積雪30センチ以上もあったようだし、他の地方
、本地方も含め、もう、朝はマイナス5度はふつうである。
今後はマイナス16度まで一直線であろう。

さて、今日もちょっぴりちっちゃな若ニャンの不妊手術と
ニャンコ去勢があるけど、診療はそう忙しいわけではなさ
そうですな。





2013年11月08日 (金) | 編集 |
ついこの間、うわもう11月かよ〜と思っていたら
あっと言う間にもう一週間経過した。

忙しくて、忙しくて時を忘れる、、、て事は無い(汗)。
いつもそこそこの仕事量である。

予定手術的には今週もほぼ毎日こなした。来週の
予定手術も4件は入っている。

「村」の獣医師一人のクリニック、ちょっとオペ数は多い
のかもしれませんが、一般診療はそう多くは無いので、ち
ょうどいいのかもしれませんね。




2013年11月06日 (水) | 編集 |
もうそこまで冬将軍が来ている〜!

例年のようにやはりこの時期ニャンコの感染症がヒドくなる
時期でもある。みんながんばって(とりあえず)クスリ飲むの
だぞ。

明日は、かなり高リスクなワン開腹予定。慎重に慎重に、、、。



2013年11月01日 (金) | 編集 |
クルマでだいたい30分(高規格道路を飛ばして)のところに
帯広畜産大学動物医療センターがある。

一昨日も、中型ワンの交通事故によるヒドい骨盤骨折の診療
をお願いした。

いつもお世話になっています。

出来る手術もあるけど、出来ない手術も多いです。
出来そうだけど、あまり自信が無い(再発しそうとか)ような
手術内容の場合も、熟練の先生方にお任せしたほうが、絶対、
いいと思っています。

獣医師一人のクリニックですので自ずと物理的なキャパシティーも
技術的なキャパとそう高くないスキルも形成されてしまっています。。。

そんなかんなでも、、今日も予定手術(出来る範囲の)が終わり、
連休あけも予定手術が数件(出来る範囲の)予定されています。

あれ、、なんか自虐的??(汗)

追伸、、、ガスケのばか!(笑)