FC2ブログ
★ どんぐり村の動物病院 S.PET.CLINIC ★ 正真正銘の「村」の小さなクリニックから発信 ★ 0155-52-3711 ★ 平日 9:00-11:30 14:30-17:30  【土日祝日要電話】
2013年07月31日 (水) | 編集 |
あすから8月。
今年もあと5ヶ月で終わりだあ、、。
あ、中3ヶ月で雪が降るということですな。
これから一ヶ月近く猛暑が続く?予想なのに(汗)。

さて、今日も明日もワン予定手術あり。

ウチでやれる範囲の手術も多いけど、「出来そうだ
けど、無理しないで→スタッフが多くて確実に出来
る病院を紹介」することも多くなってきているよう
な、、、(大汗)。

若い?頃は何でもかんでもやってやろうと意気込んで
(おかげで手術の可能領域は拡がりました)いました
が、、、、。



スポンサーサイト



2013年07月29日 (月) | 編集 |
夜半から雨だけどそう強くはないようだ。
今日から3日間は雨が降りやすいようです。
本州のような集中豪雨はなさそうですが、、。

昨日の状態悪しのニャンは思いの他、回復傾向
でニッコリ(^^)。

今日は若ニャンズの予定手術。二人とも、待機
中、ケージで眠っとる。めんこいのお〜。


2013年07月27日 (土) | 編集 |
土日は予約診療(当日も可)です。

今日も、当日緊急ということで状態悪しのニャン
コ受診→入院治療。

当クリニックは「通院可能であればなるべく通院治
療」を基本としていますので、、、、

よくある、、

「様子見点滴治療」などはよほどのことがないかぎり
やりません。自宅で様子をみてもらいます。

が、今回は「よほどのこと」のようです。。



2013年07月25日 (木) | 編集 |
昨日は予定通り草刈り実施。

エンジンカッターで作業したり、作業しているのを見る
度に思い出すのが、、、エンジン草刈り機で重傷を負っ
てしまったニャンズ。。


なぜ複数かというと、、、

牧場地帯では草刈りは年中行事ですが、特に夏場は頻繁
にやります。←特に馬牧場は牧場の外観を重視しますの
環境整備に力をいれます。

で、自宅周辺や厩舎周辺ももちろんやるのですが、大抵の
牧場にはニャンコが居ます。
その中には人なつこい子もいて、「何やってるら〜」と草刈り
機に近づいてしまうニャンもいるわけです。

そして、受傷してしまいます。さすがに敏捷なニャンコでも
高速回転と振り子運動の草刈り機から逃げることができず、、

その受傷の多くが、脚を複数本ズタズタにやられます。

病院に運び込まれる頃には、「生きているのが不思議」なぐら
いの損傷状態の子が多かったです。。
残酷なお話ですが、残ったのが脚一本ではどうしようもありません
ので、安楽死の選択もありました。。。

こういう受傷が毎年1例ぐらいありました。

必ず脳裏を横切る嫌な記憶です。。





2013年07月24日 (水) | 編集 |
今年は猛暑のはずが、現在のところさほどではないようだ。

去年の7月のこのブログ過去記事をみてみると、7月後半
は「暑い、あづい〜」と騒いでいる自分がいた(笑)。

予報でも今月いっぱいは、そう猛暑ではないらしい。
8月が本番なのでしょうね。

さて今日は涼しいし、予定手術は無しなので、、、自宅周辺
の草刈り(エンジン刈り払い機で)でもやろうかなあ。。


2013年07月22日 (月) | 編集 |
ジブリの「風立ちぬ」見てきました!
お子様向けのジブリではなく完全な大人(おそらく
中学生以上)向けのジブリ映画であり、そういった
世代に向けたメッセージも多いよう感じました。

一言で表す?なら「悲恋」であるかもしれないし
主題の「生きねば」なのでしょう。。

印象に残ったシーン(言葉)は、、、

療養所を抜け出した菜穂子を駅の雑踏で見つける事が
出来た時の二郎の一言。

自宅で病床の菜穂子の手をず〜っと握りながら懸命に机
に向かって仕事をするシーンでの菜穂子の一言かな。

どんな言葉かは映画館で是非(爆)

関東大震災、太平洋戦争という未曾有の大激動の時代を
日本人はみんな懸命に生きたからこそ今の我々があるこ
とを忘れてはならないのでしょうね。

さ、仕事、仕事(汗)。


2013年07月20日 (土) | 編集 |
2、3日とても過ごしやすかったが、そろそろと暑くなり
はじめてきたようだ。今日も、12時現在、26度。
日差しがかなり強い割に気温はさほど上がっていない不思
議。。

さて、今日は予約診療数件と隣町への往診一件と、手術も
無く、のんびり感いっぱいです(大汗)。



2013年07月18日 (木) | 編集 |
昨日のpyoワン、spayニャン、castニャンそして、今日の外傷
ニャンもみ〜んな帰った。
一人残されたニャンは預かり6日目。今回は飼い主さんの
事情でまだ帰宅は無理。
でも元気ですよ〜。
ひまさえあれば悪いおじさんが近寄ってきて、喉元やお腹を
撫でまくっていますが(爆)。

写真-1



2013年07月17日 (水) | 編集 |
今日の予定はのんびりと?ニャンコ不妊+ニャンコ去勢だった
が、、

午前中、状態悪しの中型ワンの子宮蓄膿症が受診し、準緊急性あ
りと判断、昼の部手術へ。

ニャンコ不妊は夜の部へスライド。ちょっとケージで我慢してね。

ここ数日間は暑さは和らぐようで、酷暑の前の一休みといった
ところのようです。



2013年07月16日 (火) | 編集 |
動物病院の「窓」?から治療後のニャンコが外に飛び出し
てしまい行方不明になってしまったそうだ。←とかち管内。

あくまで伝聞なのでどこまでが真実なのかはわからない
が、、、、

もしほんとうに「窓」から逃げてしまったのであれば明らか
に動物病院の責任です。全責任を病院は負わなければならな
い。

しかし、、

(点滴治療が終わり、会計も終わり)、「抱っこ」して、病院
の玄関を出たとたん、逃げてしまったのであれば、、、、、、

お気の毒さまです。。。と言わざるをえません。

来院、受診時の「推奨方法」として、猫の場合、ネットやキャリー
ケースが推奨されていますが、未だに、バスタオルなどに包んで抱っ
こして受診される方も多いです。充分注意するよう上記方法を説明す
るのですが、、、

今回の事件の真実がどうなのかはよくわかりませんが、同業者として
は「窓」から逃げたんではないような気がしますねえ。点滴治療後の
テープが腕に巻いてあるという話ですし、会計後の出来事のような気
がします???。








2013年07月13日 (土) | 編集 |
本日の準緊急処置ニャンコ。

DSC00264.jpg

外ニャンコ。前肢の「メイン肉球」が5倍ぐらいでかく
盛り上がり(贅肉増生)、悪臭を放っている。。。。

ように見えたが、実際の贅肉増生はメインパッド横であった。
(メインパッドは無事)

おそらく傷がトリガーとなって、肉腫様増生を起こしたので
あろう。

全身状態が、「いかにも」猫エイズ様風貌で痩削状態が酷く
出血もそこそこしたが、皮膚縫合も問題なく無事終了。

もう大丈夫、よく頑張った!

どうかあまり汚染しないようにね〜!


2013年07月11日 (木) | 編集 |
31度も32度も大差ないですねえ。
「お、昨日より1度低いぞ!」と思っても体感温度
は同じか逆に暑かったりして、、。

今回の暑さは本州よりややましだが、ちかいうち必ず
「日本でここが一番暑い日」がやってくる本地方です。

さて、今日は、予定手術は若ワンの去勢のみ。

暑さのせいか、、「多飲多尿」の稟告のワンの受診が
いつもより多い。ここ数日で数件あったがいずれも、
特に問題なしであったが、、昨日のワンは空腹時GLU
500、、、。

飼い主さんと皮下注の練習実施。




2013年07月09日 (火) | 編集 |
どちらかというとニャンコの方が「ドアに尾を挟まれた」
ケースは多いように思う。

今回も、そういう事例。

挟まれた箇所より遠位側が血行不良や神経損傷で壊死して
しまう事も多い。

そうなると、尾切断となり、自慢のすら〜っとした尾がか
なり短くなってしまうが、こればかりは致し方ない。。。

受傷後、遠位側が「冷たい」と大抵は壊死となるので早めの
オペが必要のようです。

※ワンの尾損傷の場合、受傷箇所を「自咬」してズタズタに
 悪化させてしまって、尾根元から切断しなければならない
 ケースが多いと感じます。




2013年07月08日 (月) | 編集 |
連日の32度越え〜。。
夜も寝苦しい。
ニャンコ連も床(板)で長くなっている(←わかる方にはわかる)。

北海道で最も暑くなる本地方。まだまだこんなものではなく
酷暑ははじまったばかり。こんな当初から暑い暑いと騒ぐわけ
にはいかない(汗)。

今日の予定手術はニャンコ不妊のみ。

ウインブルドン、マレーおめでとう!凄かった。ジョコのサービス不調も勝った
要因だけど、体幹のたくましさ(筋肉やバランス)がまた一段あがったような。
ジョコと比べて、より多くフラット系のショットを駆使して凄かったなあ。

KEIは7月末のワシントンの大会(ATP500)に出場予定。ツオンガに続き、第2
シードのようですが、対戦相手は強者ばかり。トップ5は不在だけど、みんな
実力伯仲の連中でビッグサーバーばかり! がんばれ〜!



2013年07月06日 (土) | 編集 |
ウインブルドン準決勝
ジョコビッチ対デルポトロ

フルセットで4時間35分のまさに激闘。
ほんのわずかな差でジョコの勝利。

異次元?のスーパーショットもあり、確実で
ミスの無い強打でつないだデルポトロが
勝つ流れはあったものの、あと一歩で負けたよ
うな感じ。あのジョコを地べたに這いずり回ら
せていましたから。。

二人とも強い!!

ウインブルドンの4強ともなると、勝ち上がって
来た強者と強者のぶつかりあいだから当然といえ
ば当然だけど、なんなんだこの二人の強さは??

(言ってはいけないこどだけど、)我らがkeiでは
とっても太刀打ちできる相手ではない、、、、。
この試合をみていて正直凹んだ。。。

もうひとつの準決勝のマレー対ヤノヴィッツは、勢
いに乗るヤノがスーパーサーブで押し切るように思
えたが、それ以上の安定感のあるスーパーサーブを
駆使してマレーが勝利。

すごい決勝戦になる!

さて、今日は予約診療の土曜日、二件ほど診て、H町へ
往診2件ほど行ってきます。

今日は蒸し暑い31度の予報です。



2013年07月04日 (木) | 編集 |
ヤノヴィッツの時代?到来のようである。
KEIと同年齢の23歳である。
昨年までは好不調がはっきりしすぎで、いまひとつ
だったり、スポンサーがつかず海外転戦が出来ず、伸
び悩んでいたが、、、今年に入って好調。

そして、、、

ウインブルドンで4強入りである。

身長203センチから繰り出すビッグサーブを武器に
あのマレーをも打ち負かしている。

風貌は往年のサンプラスを思わせ、顔も似ていると思う。
Janowicz_Jerzy_(8620112430).jpg


こいつはKEIにとってライバルというより、「現在のKEI
にとってのマレー」のような「勝てない相手」になって
しまうような気がしてならない、、、。
胸さわぎが収まらない。。
ラオニッチ君もビッグサーバーだが、この彼は他プレーにも隙が無い
よう思う。。

ランキングも4強の時点で10位台確実。もし決勝進出なら一気に
KEIを飛び越してトップ10入り。

ツアーでのシードがこれから付くので
初戦、二回戦あたりはトップ10とあたることは無くなるでしょうから、
今後、トップ5に早めに入ってくるかも。。。



2013年07月02日 (火) | 編集 |
いかにも「典型的な」という状況、症状がある疾患が
ワンのpyoである。

年齢はおおむね7歳以上(未不妊手術)。
最近、やたらと水を飲み、尿量が増加。
その最近とは、発情出血が終わって2週間ぐらい
してからとのこと。
食欲減退。。。

お電話での稟告だが、おそらく今日の夜の部手術にな
ることでしょう。。

今日も28度ほどの暑さ。でも本地方まだまだこんな
ものではなく34度は当たり前のこれからの時期です。
北海道なのにねえ(爆)。




2013年07月01日 (月) | 編集 |
村内のとある交差点(一時停止も信号もない小さなところ)
で自転車のお年寄りが交通事故により命を落とされた(昨日)。

のんびりしている村内なので、お年寄りの自転車も多く、あ
ぶないなあ〜とは思っていた(以前の記事にも書いた)が、
、、、

加害者の方の思いも計り知れないし、遺族の方も、、、、

自分も注意せねば。。。

今日は暑い日で予報は28度。

予定手術はワン不妊です。

keiのウインブルドンが終わりました。
芝コートや故障はさておき、、、

トップ20選手を確実に破るには、他のトップ選手
同様、「強く正確で早いサーブ」
がキーとなります
が、残念ながら、keiにはそれが不十分です。

相手からみれば、「ランクは11位だけど、他のビッグ
サーブを持つランカーに比べて組みやすし」の印象を与
えているのは確実ではないでしょうか。。

今後の課題(前々からの課題でもありますが)は、、
やはり、ビッグサーブは無理(身長とリーチで)と
しても、強く確実なサーブを手に入れることなんで
しょうなあ。。。(そうしないと10−20位をずっ
と行ったり来たりが限界だと思います)。。

現在のパワーテニスの渦中で小柄な体にむち打って
無理を重ねているkei!

応援しております。どうかサーブに関する打開策が
見つかりますように。