FC2ブログ
★ どんぐり村の動物病院 S.PET.CLINIC の日常や記事  ★ 正真正銘の「村」の小さなクリニックから発信 ★ 検索フォームで過去記事のキーワード検索もできますよ!  平日9-12、15-18  【土日祝日要電話】
2013年06月28日 (金) | 編集 |
毎年恒例の、村の小学生(低学年)の社会科見学
での訪問を受ける。数人のグループに分かれて、
村の中の商店や企業を調査?するのだそうだ。
いくつかの質問に応答し、クリニック内部を少し
説明して、記念撮影。

みんな健やかにね〜!

さて、今日は昼に予定手術、夜は出張手術です。
今日は珍しく肌寒い日です。

ウインブルドンテレビ観戦でちょい寝不足?
KEIのサービスゲームは、はらはらドキドキで
心臓がばくばくになる(笑)。

GOはガスケ相手に良くがんばった。かっこ
よかったよ〜。ちょっとした事でもっともっ
と上へ行けると確信してます

20130628-00010001-tennisnavi-000-1-view.jpg



スポンサーサイト



2013年06月27日 (木) | 編集 |
ワン不妊手術の「適期」だと思っている6ヶ月。
でも、トイプーやポメちゃんなどの場合、多くが
その時期3キロに満たない。

この体重で卵巣子宮全摘出は技術的には楽は楽で
(余計な脂肪組織が卵巣提靭帯などに付着してい
ないので結紮が容易)である。
腹腔内視鏡でのワン不妊手術でも、この時期が推奨
されているようだ。

しかし、あまりに小さな個体の場合、やはりちょっと
戸惑いもあることも確かです(汗)。

これが同じ6ヶ月でも中型ワンならまったく問題なしで
もっと早期でもいいなとも感じることも多いんですが、、。
(100日でも可能ですね)。

小型、中型ワンいずれも麻酔の覚醒はすごくいいですね。
みんなオペ当日早めに帰ってもバクバク食べてますね。

若い〜って素晴らしい〜!!??






2013年06月27日 (木) | 編集 |
フェデラーがなんと!二回戦敗退。。。

一回戦は余裕で決めていたのに、、、

相手はそこそこの実力者だがフェデラーからみれば
難敵ではない格下の選手。
しかし、いいサービスとものすごい数のネットダッシュ
(サーブ&ボレー)でブレークを許さなかったとか。。。

うつむき加減にコートを後にする姿に、解説者やアナウ
ウンサーそして観客も、声が出なかったそうだ。。。。

今回はナダルも初戦敗退し、シードダウンも多く、棄権
者(転倒、打撲などによる)もなぜか多いとのこと。

  ※あの、ツオンガも途中棄権

今晩は伊達さん、錦織選手、添田選手が二回戦登場です。
どうか怪我せず頑張ってください。

日本選手以外で、好きな選手 
フェデラー(伝説の絶対的英雄)
ナダル  (キングオブトップスピン)
フェレール(小さな鉄人、常に動いている)
ラオニッチ(顔が憎めない)
ツオンガ (おちゃめでかわいい)
モナコ  (ハンサムで良いヤツ)

番外で、、、ジョン マッケンロー(若き日の憧れ)
reuters_20090507_10671119_0.jpg
相変わらず何やってるんでしょうね。



     


2013年06月25日 (火) | 編集 |
今日の午後いちで、予約もなんもなしで「猫の不妊手術やって
もらいたい」と、村の近郊の農家の方がやってきた。

そのまま預かって夜の部手術にしようかな?と思って、ケージを
覗いたら、、、ヤバかった(汗)。フーシャーである。。。


で、、(汗)、、一旦、お帰りになってもらって、クリニックの猫
ネット袋をお貸しして、明日の午前中にネットへ入れて連れてきて
いただくこととなりました。

明日は他に2件手術があるが、こればっかりは致し方ない。。。




2013年06月25日 (火) | 編集 |
金曜日までに、ワン不妊を3件、ワン去勢を3件
やらなければならない、わんわんウィーク?である。

にゃんにゃんウイークなら、かなり楽なんだけど(汗)。





2013年06月24日 (月) | 編集 |
この(暖かい〜暑い)時期、ニャンコ皮下膿瘍が多い。

※気温が高いからという理由ではない。

今日も、一風変わった?皮下膿瘍の切開背膿洗浄縫合。

推測だが、、、

肛門嚢炎症、内容物化膿→肛門嚢肥大→肛門嚢破裂(皮膚
は無事
)→尾根元部に皮下膿瘍が拡大→少しは肛門嚢肛門
開口部から膿が排泄されるが膿瘍はそのまま。
泥状の膿の量は約20ccと、この部位にしてはかなり多めでした。

※通常、肛門嚢が破裂すると同位置の皮膚も破れるのだが、
 今回は肛門嚢の位置で皮膚は破れなかったようで、破れ
 た痕跡もなし。

ちょっと膿瘍を触っただけでも激痛のようだったけど
もう大丈夫、よくがんばった。

始まったあ〜!!
img56863938.jpg





2013年06月21日 (金) | 編集 |
昼の部手術時間に
オペ内容によりますが、やれる場合は予定手術を複数入れること
もある。

今日は、犬不妊(全摘)+けっこうな大きさの臍ヘルニア と
    猫不妊(P+)

の二件です。

今回、完(環)納性が無くデカいヘルニアなので、癒着がひどいはず。。
案外時間かかる予定(汗)で午後の開院時間に間に合うか微妙。

あ、夜は出張だ(汗)。



2013年06月19日 (水) | 編集 |
今日は手術はニャンコ去勢のみなのでオペ時間
ではなく午前の診療時間内で「ヤッと」済ませた。

他院からの出張手術依頼が複数件あり。昼の部
はこちらの手術予定も多いので、「夜であればOK」
ということで、予定を組んでもらうが日程はま
だ未定(向こうの飼い主さんと相談)。

移動時間は長いけど、出張は嫌いじゃないです。


最近は、「ものすごく暑く(35度前後)なる
前の静けさ?」みたいなもので過ごしやすい気
温のようです。  あ〜暑いの嫌〜。。。。






2013年06月18日 (火) | 編集 |
午後になって、、「やっと捕まった〜!!」

ということで別件でニャンコ不妊が夜の部
予定。

今日はトータル3件の猫不妊手術です。

(2件が残念ながらPプラス)

一般診療が相変わらず忙しくは無いので、こう
いった状況は好きです。




2013年06月18日 (火) | 編集 |
昼の部の手術時間は12時から14時半まで(昼休み兼用)で
二時間半あるが、骨折や内臓腫瘍、乳腺全摘出などの比較的
時間のかかる手術では午後の診療時間に間に合わないこともあ
る。

猫の不妊手術(♀)ならば、充分、2頭はできるが、すべてを
一人でやるとなると
準備やら後片付けなどが含まれるのでちょ
っと時間的にはややきつくなる(昼食は超急がなければならない)。

麻酔導入→毛刈り→術野消毒などなど、、

昨日の予定手術が今日にずれ込んだだため、今日は昼に2頭です。






2013年06月17日 (月) | 編集 |
ニャンコのアキレス腱はとっても細い。。
触るともちろんわかるが、こんな糸みたい
な腱で良くあんな動きを受け止めることが
できるものだといつも思っていた。

細いけどとっても頑丈なものだな〜と。

現に過去15年以上、アキレス腱の断裂は
実際診た事は無かった。。交通事故の場合
でさえ。

で、、

今日、初めて診ました。。。

エアコンの室外機の隙間?で損傷受けたようです。
もうだいぶ前(2週間以上?)の受傷なので、
皮膚損傷も瘢痕収縮で特に外観が問題ないのです
が、アキレス腱は断裂していて、皮下結合組織が
増生しているような感じです。

それでも、多少はぎこちない動きですが日常生活で
はまあ問題ないようです。。

ニャンコは強しですな。。




2013年06月15日 (土) | 編集 |
暑さ一転、今日は朝からそこそこの雨もよう。
気温が比較的高いので、湿度が高く感じる。

さて、今日は午前中数件予約診療後、隣町まで
往診あり。のんびりと行きますかあ〜。




2013年06月12日 (水) | 編集 |
ちっちゃな村のちっちゃなクリニックのちっちゃな手術。
今日はワン去勢。ワンの体はデカいけど。。

お帰りは、飼い主さんのご都合に合わせて、夜の10時
です。


2013年06月11日 (火) | 編集 |

ニャンコの場合、胎齢2週ぐらいで腹部触診
直径2.5センチの胎嚢がエコーを使わずともわかる。 
←飼い主さんの診療費節約にもなる(汗)。

で、、、

「ごめんなさい」である。。。



2013年06月10日 (月) | 編集 |
予報で28度なので30度にはなると思う。
ここ数日、妙に暑いです。
例年6月中旬すぎまでは比較的肌寒い日は続く
ものですが、、、

今日はニャンコの乳腺腫瘍の肺転移を診る。
ちと辛い。。。

さて、今日は中大型若ワンの不妊手術が予定。



2013年06月07日 (金) | 編集 |
皮膚切開すると明らかに黄色い皮下脂肪。
さらに開腹すると、まさに「黄色」の内蔵
脂肪。脂肪という脂肪がほぼすべて真っ黄
色であった、昨日の妊娠ニャンコ。

当初は「うわ、まずい、黄疸??」と思った
が、黄色いのは脂肪組織のみ。

ニャンコにたまに(ごくまれ)にある、、、

「黄色脂肪症」である。

まあ、たいそうな疾患名であるが、実はそれほど
実害は無い。黄色脂肪が腫瘍化するとまずいという
話もあるが、大抵はそうはならないようで、案外、
安定した生活で健康であることが多いようだ。

魚ばっかり食べてるとこの疾患になりやすいといわ
れているが、漁村のニャンコの羅患率もそうおおく
はないようで、謎といえば謎の疾患かな(汗)。

これで、開腹で発見?したのは2例か3例目でした。




2013年06月06日 (木) | 編集 |
半ノラニャン。人になれず、なかなか摑ませてくれない
が、「なんとかチャレンジして網に入れて持って行く」
と朝一で連絡あり。

「今。ベランダで寝くさっているわ〜」。とのこと。

「ではなんとか午前中においでください」と連絡はした
ものの、、、結局昼過ぎまで連絡は来なかった。

が、午後いちで連絡があり、「やっとつかまえた〜!!」
とのこと。

手術は昼の部ではなく夜の部へスライド。
帰りも明日となりました。
帰りはやはり摑ませないので、病院ケージ(ポータブル)
の貸し出しで帰ってもらいます。←オペ終了後、入院ケー
ジは使わず、直接ポータブルへ入ってもらいます。

妊娠中のようですねえ、、、(汗)。


2013年06月04日 (火) | 編集 |
ラファエル ナダル やっぱり強かった。。。
フレンチオープン4回戦、錦織kei残念でした。

「クレーキング」と呼ばれ、あの全盛期のロジャー
をもってしてもクレーコートでは歯が立たないほ
どの異次元の強さ。

悔しいけど、錦織keiがどんなに小さい体を酷使して
頑張っても頑張ってもクレーコートでは生涯勝てない
相手かもしれない。。(芝やハードコートでは勝利の
可能性はある)。

これで、グランドスラムは二大会連続ベスト16です。
これはこれで素晴らしい成績ですね。
今後も体をいたわって頑張ってください〜!!

※現在のテニスは「パワーテニス」。
 体格がものをいう。
 トップ選手はほぼ190センチクラスの大型選手で
 長身から繰り出される強烈なサービスを駆使し、己
 のサービスゲームは鬼のような集中力でけっして落
 とさない。そしてワンブレークでセットをものにし
 てしまう。
 そんな中で体格のハンデがあるkeiは体幹を異常なぐ
 らい酷使して戦わざるを得ない。
 ゆえに故障がちになってしまうのは致し方ない事。