FC2ブログ
★ どんぐり村の動物病院 S.PET.CLINIC ★ 正真正銘の「村」の小さなクリニックから発信 ★ 0155-52-3711 ★ 平日 9:00-11:30 14:30-17:30  【土日祝日要電話】
2012年02月28日 (火) | 編集 |
某学校の「入学説明会」が3月6日にある。その時に、英語と数学の問題集
を、渡されるとのこと。で、約一ヶ月後の入学式のあと、英語と数学の試験
があるのだそうだ。

ほほ~・・・。なかなか厳しいですな。

受験勉強が終わって遊んでいられるのも今のうちらしい。
  

スポンサーサイト



2012年02月27日 (月) | 編集 |
DSC03605.jpg


岩見沢とか本州の豪雪被害ほどではないが、、、、

約3日間で60-80センチの降雪がありました。
中一日がほぼ降雪が中休みしたような、ちょっと妙な降り方でした。

現在は快晴です。

もうしばらくは降らんだろう・・・。

今日も一日除雪デーですので、受診する患者さんは稀だと思います
ので器具の整備でもします・・・。


2012年02月26日 (日) | 編集 |
昨日の準緊急手術は22キロの老ワン(オス16歳)の尿道閉塞。

カテーテルではどうにもならず、全身麻酔による、尿道切開+
永久尿道「ろう」形成+去勢手術。

プラグ(栓子)ジャクジャクと沢山・・・。

老齢なのと、腎機能が悪く心配でしたが、無事終了、一夜あけ、
元気にしております。明日退院予定です。

ニャンコよりは発生頻度が少ないですが、「様子をみよう」と
すると病院に受診する前に腎不全が悪化し、最悪の事態になり
ます。  ご注意ください。

ああ、それでも、会計は、「ニャンコ尿道閉塞(軽)の7日間
入院で、ン万円」←ウチではありえない・・。 の、 半分ほど
です。。。

どんだけ、猫の尿道閉塞解除で儲けてるねん!!飼い主さん
辛かろう・・。




2012年02月25日 (土) | 編集 |
15の春・・まさに、旅立ちの春となった(なる)ねえ・・。

そこそこの進学校の公立高校受験を蹴っての、「行きたい学校」。

当初はハードルが高いのかと思っていたら、チミの実力では
余裕のよっちゃんだったらしい・・・。

なんかもったいない(もっと上を狙えた)ような気がするが、
よし!としよう。

興味あることをして単位がもらえるなら、まさに大学みたいな
ところだしね。 

これからは時々しか顔を見ることができないけど、、、留年しな
いようがんばるのだぞ! 




2012年02月24日 (金) | 編集 |
大学6年(獣医学部は6年制)の今頃はたしか国家試験の直前かな?

その獣医師国家試験の発表(合否)の一番早い確認方法は、なぜか
「発表日」の本籍地の朝刊の「合格者欄」だった。

※今思えば、「朝刊に載る」ということはその前日に合否は決まって
 いたのか???

それで、夜中の3時ごろ友人宅に仲間数人集まり、なんと、自分たち
本籍地の新聞社に電話をかけまくった??・・記憶がある。。。

「新聞社って、人いるのか?」「守衛さんぐらい、居るんでね?」とか、、

これまた今思えば、新聞社の人にとってははた迷惑な話である。。。

いきなり朝3時ごろ電話にだされるわ、朝刊の合格欄から名前を探して
ほしいなどという頼みはされるわ・・・・(大汗)

しかし、自分(私)がそのような行為を行ったかどうか、なぜか記憶が
ない。。。

千葉の肝っ玉のでかい?友人が電話をかけていたのは覚えているのだが、、

※もしかしたら小さいのかも(笑)

その場に集合していた友人はみんな無事合格しました(翌日確認かな??)。。

もう23年も前の出来事です。。懐かしいですなあ・・。




2012年02月23日 (木) | 編集 |
ず~っと穏やかだった(寒冷だったけど)この十勝地方・・・。

ひさしぶり(一ヶ月ほどかな)に大荒れの予報が出ました。

今日から雪が降り、いったん止んだりして、土曜日は暴風雪の予報です。

月いちのルーティンな(規則的な)遠方の往診を先ほど済ませてきました。
明日、あさっては道路が危険になりそうなので早いうちにと。。。

さて、あまり荒れないことを祈って、待機します。



2012年02月22日 (水) | 編集 |
2/22は猫の日らしい。。。

はて?では 2/2 は??? そうか!2が少なく小さいから、、

仔猫の日か(笑)

いいなあ~仔猫の日(大汗)。沢山仔猫が寝てるところで一緒に
丸くなってみたいものだ。

さて、今日はワンの乳歯遺残の抜歯処置(全身麻酔)があった程度
で、ニャンコの来院は2件しか無い。。

猫の日だからサービスしますよお~(バキ!!)あ、もう遅いか・・。



2012年02月21日 (火) | 編集 |
村に銀行は無い。が、銀行の機能を果たしている「農協」はあるので
それほど困ることはない。

農協には正面玄関を入ったところのブースにATMがあり、ブース横の出入り口
から窓口の方に入ることができる。

村のATMなので、混雑することはなく、「レーン表示」も、「チェーンの枠」
も無いので、使用者以外の「次に待つ人」はどこで待っていても良いのだ。

で、、、

使用者に気遣いして、「背後に立つ」ことを遠慮して、それはそれはまったく
遠い壁際に立って待っている遠慮がちな方が多い。

一人が遠い箇所に立って待つとその次に待つ方も、それに合わせて、なぜか、
そうとう間隔を置いて、とんでもないところに立って待っている。

で、等間隔で計算すると、最後尾(待ち人3人の場合)の人間は、正面玄関
の自動ドアのマットの上あたりになり、自動ドアは開いたり閉まったりを
ガーガー繰り返すはめになる。。。。

今回、自分が、その最後尾の人になってしまったので(汗)、待っている方に

「すみませんが、もう少し前で並んで待ちませんか?」と申し出、、、、、

自動ドア、ガーガーの刑 を免れることができました(大汗)。

待つ位置があいまいなのも困りものかもしれませんね。。。
2012年02月20日 (月) | 編集 |
雪害は無いけど、やたらと冷え込む本地方です。明け方マイナス20度は確実
に下回っている日々が続く。最高でマイナス5度程度です。

でも、冷え込むということは、「晴れている」ということで十勝晴れ続きで
遠くの山々や空が、とっても美しいものです。

さて、今日は休みあけの大安とあって??ニャンコの予定手術がニャンニャコ
ニャンと3件ほど。

最初のニャンがちょっと唸っている(怒りと不安で)のが心配です(大汗)。。
2012年02月17日 (金) | 編集 |
<交通事故>中2はねた元小牧市長を逮捕 愛知県警
毎日新聞 2月17日(金)14時9分配信

 17日午前8時20分ごろ、愛知県犬山市追分の県道で、同市中道、
市立中2年、飯田遥香さん(14)が、元同県小牧市長の会社役員、
佐橋薫容疑者(86)=同市久保一色=運転の乗用車にはねられた。
飯田さんは病院へ運ばれたが、全身を強く打ち意識不明の重体。
県警犬山署は佐橋容疑者を自動車運転過失傷害の疑いで現行犯逮捕し
た。

 同署の調べでは、現場は中央線がない狭い直線道路。佐橋容疑者は
岐阜県の別荘から自宅へ戻る途中で、飯田さんは通学中だった。

 佐橋容疑者は県議を5期務めた後、1979年に市長に初当選し、
4期目途中の95年に辞職した。【岡大介】



前途洋洋の若い命が失われるかもしれない、、重篤な後遺症も・・・。

落ち度はどちらにあるのか不明ですが、加齢により判断力、認識力が
落ちていることは間違いないはず
、、、86って・・(大汗)

老齢により免許の自主返納が多いというのに(どうしても車が必要
な場合もありますが、、、
)。。。。。

当地区も80歳以上ほどのお年寄りの車の運転を時々みかけます。。。
田舎の村の中での運転ですので、制限時速50キロのところ15キロ
でのろのろ走っていても誰も文句はいいません。。。
が、信号の無い交差点で、左右確認もせず、「前だけ」をみて突っ走
るようなケースも目撃しています。。。

福祉が充実している村といえど、「走る凶器」ではないかと思います。
福祉が充実しているなら免許自主返納を声高く叫ぶべきではないかと
も思います。


2012年02月17日 (金) | 編集 |
ニャンコの通称「膿胸」と呼ばれる疾患。

あくまで通称であって、正式名称はなんたらかんたらですが、、、

状態は「感染」によって胸腔内にPAS(膿)性の液体が貯留し
肺そのものを圧迫してしまうような疾患。
原因は、胸近くの「創」の場合も多いが全身疾患でのケースもある。

多くは発見時、呼吸がやや困難で「努力性呼吸」であり、レントゲン
やエコーにて、胸腔内液体貯留が認められ、多くは外科的処置(胸腔
穿刺、吸引、ドレーン、洗浄)の繰り返しで、やっとの思いで治癒す
るというちょっと厄介な疾患です。

外科的処置をせず(穿刺検査もせず)に抗生物質の全身投与で良くなる
ことはあまり無い(抗生剤の感受性がわからないので)。

今回、試験的に(少しでも悪化傾向なら即穿刺という条件で)、盲目的
「セファレキシレン」という比較的安価な抗生剤で、現在のところ
良化傾向にあるニャンコです。 併用薬剤なし。

※胸腔内貯留液体が「膿性」ではなく炎症性滲出性液体だった?の可能性
 もあります

優しく、注意深く鋭い観察力のお持ちの飼い主さんのおかげで比較的
初期の状態であったのも幸いしたと思います。

DSC03603.jpg
DSC03604.jpg



2012年02月16日 (木) | 編集 |
農園の鶏舎付近で、まだ小さいころ保護された兄妹ニャンズ。
良い方にめぐり合えてよかったね。

まだそれほど人を信用していないようだけど、いつも仲良し。

しかし、仲がよすぎるのも・・・・。(仕方がないことか、、)

先ほど、去勢 + 卵巣子宮全摘出(妊娠のため)が無事
終わりました。
2012年02月15日 (水) | 編集 |
ニャンコの前足の肉球(メインパッドではなく中指の肉球)にここ数週間
血が付着したり、やたら舐めたり、をくりかえしているとのこと。

よくみてみると、小さな肉球に毛と絡んで「かさぶた」が、、、

で、はがしてみると、大出血! 小さな肉球がまっぷたつに切断され
ているような状態。

圧迫しても、止まりそうもないので、スキンステープラーで縫合処置。

小さな肉球に二針。

さらにその上からテーピング。 出血は止まる。

おそらく、何か、鋭利なものでスパッと切れたような創ですが、長毛種独特
指間の毛が、創を覆って仮止血、舐めて、再出血を繰り返していたのでしょう。

小さな豆のような肉球。浅い創ならそう出血はしないのですが、今回は
完全に奥まで切れていたので、出血が酷かったのでしょう。

指間の毛も役に立つ?のですね。。。。

2012年02月13日 (月) | 編集 |
先ほどの中型ワンは初めての腹水除去でした。今後何度も抜かなければ
ならないかもしれません。。

針は14G・・太いです。。が除去時間を考慮するといたしかたありま
せん。痛かったよなあ・・。

以前、自分(私)が膝関節の増量した関節液を抜かれた時の痛さが
蘇る・・・。
医師はいきなり局麻もせず、ぶっすりと18Gを!

※ゲージ数が小さくなるほど太くなります。通常ワンニャンの皮下注射には
 23Gあたりを使用しています。

がんばるのだぞ!



2012年02月10日 (金) | 編集 |
所帯を持って、初めて飼い始めたウチの老ニャンが危篤です。。
おそらくは今日、明日の・・・・。

17歳ですが、老といえば老ですが、20歳まで生きるニャンも
巷にはいるので微妙なところです。。。

望むべきは「ぴんぴんコロリ」でしたが、現実は、そううまく
ゆかず・・・・

目が開くか開かないうちから人口哺乳で育てた子・・・。
新婚さんのふとんに入ってきて苦笑いやら、長男が生まれて、
「泣き」に心配して「にゃおにゃお」話しかけたり。。。。

もっともっと彼女とお話すべきだったのでは?と後悔の気持ち
も・・・。

無駄な延命治療は選択せず、自然に、、、と思っています。

また、いつか会えるのだろうか・・・。
先に逝った彼女の後輩ニャンズにはうまく会えるだろうか・・
迎えに来て導いてくれるかな・・・ 心配です。


さて、今日はワン開腹とニャン腫瘍切除と、そこそこ忙しいよう
です。。


2012年02月09日 (木) | 編集 |
我々の世代(40代)でクルマのバンパーというと、「ウレタンバンパー」
がまず思い浮かぶ。

  ※ウレタン←クッション素材の硬いヤツ

が、それは我々の青春の頃の話で、いまどきのクルマは十数年前から
ウレタン素材などは使用してはいない。

現在は、、、、

正確な名称は不明だが「可塑性のあるFRP系素材」でおそらくポリプロピレン
ではないかと思う(以下PP)。

ほとんどのバンパー(PP)の厚さは1センチも無いが、衝撃吸収性があり
人間がそこを「押す」程度では多少「しなる」が復元する。

そのPPバンパーの内側、バンパーから数センチ距離をとって、「鉄」の頑丈
な「ホースメント」と呼ばれる、鉄のガードが車体のフレームについている。

重大な衝突事故などの場合、まず、外装のPPバンパーが壊れ、内部の頑丈な
鉄のホースメントも折れ曲がってしまう。。。
そうなると、修理は大変、修理不能、フレームも歪むということも多い。

軽微な衝突であれば、外装のPPバンパーだけで済むことも多いが、ライト関連
もダメージを受けることもある。

いずれにしても、もし衝突事故にあって、バンパーだけで済むようなケースは本当
に幸いなのです。

今回、ちょっとした事故にあってしまって、双方、人はまったく大丈夫なのですが
修理が・・・・。

外装バンパーの交換だけで済みそうなんですが・・・。

2012年02月07日 (火) | 編集 |

いろいろ考えるところがあって、ここ半年前ぐらいから

ワクチン接種のお知らせ(ぜひ来院ください)」を書いていない。

書いていないということは出していないということ(汗)。

接種時期は飼い主さん側に覚えてもらって・・・というスタイルです。

これで、「なかば意味不明の営業」のいやらしさから抜けたつもりでは
いますが、はてさて?

さて、今日は残業手術で帰宅はおそらく11時ごろか・・・。がんばりまッス!







2012年02月06日 (月) | 編集 |
ノルウエージャンの約40日目の4兄弟(妹)チビニャンズを診た!

出来れば生まれてすぐから見たかった(診るではなく)!!

少し気分が良くなった(微笑)!




2012年02月03日 (金) | 編集 |
倍率でたようだ。

某大学獣医学部前期 で 36 倍 だそうだ・・・。すげー!!
60人のところに約2200人ってか・・・。

最近では私立なのに国立のセンター試験を利用して基準選抜をす
るようだ。

って、今回は、この、母校のことではない(大汗)。


とにかくもう少しだ!がんばるのだぞ!





2012年02月01日 (水) | 編集 |
晴れの日が多い十勝地方。

晴れた夜は放射冷却で寒くなる。夜中や明け方にマイナス23度は
しょっちゅうですが、朝も晴れるので太陽さんのおかげで、日の出
とともに徐々に気温があがり、どんなに冷え込んでも、朝9時ごろ
にはマイナス9度ぐらいにはあがっているのが本地方の特徴です。

今日は夜中までは晴れていたのに、朝方から曇ったらしく、太陽
さんが顔をだせないようだ。。。おかげで朝9時でマイナス16度
・・・・。

今季、一番寒く感じます・・・。

さてさて、今日から二月です。診療以外のイベント(催しではない)
が多い月です。がんばれ!