FC2ブログ
★ どんぐり村の動物病院 S.PET.CLINIC ★ 正真正銘の「村」の小さなクリニックから発信 ★ 0155-52-3711 ★ 平日 9:00-11:30 14:30-17:30  【土日祝日要電話】
2011年10月31日 (月) | 編集 |
土曜日の急患は老ニャン(痩削ひどい)の直腸脱。
今朝、踏ん張って、踏ん張っているようで、様子を見たら
恐ろしいことになっていた、、、との事。

20センチは出ていようか。。。損傷は酷くなさそうなので
沈静+軽麻酔下で洗浄、ゼリー使用などで慎重に用手整復。
(←最後の仕上げ?に試験管なども使う)。

肛門は縫合せず、様子を見ることに。。。

※再度直腸脱を起こせば、開腹して、「直腸固定」なども行う
 予定で。

2日経過時点で再脱出や「ふんばり、きばり」は一切ないが、

思いのほか全身状態が悪い。。。←予想外

がんばれ! やさしい飼い主さんが待ってる!





スポンサーサイト



2011年10月28日 (金) | 編集 |
札幌圏の「道央自動車道」と、帯広圏の「道東自動車道」が直結する。

明日29日がその「開通式」(開通日)である。午後3時開通とのこと。

今までは、帯広から一時間ほど高速を利用し、いったん、一般道を
一時間ほど走り(走りにくい道)、再度、高速に乗り、札幌まで
一時間ほど走らなければならなかったが、全線開通により、札幌
から帯広まで約2時間半で行けるようになる。。

いろんな思惑が交錯し、大変な騒ぎのようであるが、便利は便利で
あるが、平日片道4500円、往復一万円近くかかるのでどうかなあ。。。
(土日祝日のETC割引なら、たしか半額です)。

試しに走ってきますか(大汗)。


2011年10月27日 (木) | 編集 |
巷で言われている、、

「ワンに鳥の骨を与えるのは絶対ダメ!」
「鳥の骨は縦割れして尖って、胃腸を損傷する」

で、あわてて、病院に緊急受診する(または電話相談)こと
が少なくない。


で、、、、


「(様子が)普通にしているならほっとき(放っとき)なさい」。

苦しがっていたり、うずくまっていたりする場合は入院させて
様子を見てもいいとは思いますが、たとえば小型~中型ワンが
手羽先をひとつかじりながら丸呑みしたとします。

   →たいてい、問題ありません。

食べた直後あたりは胃内に手羽先の骨がレントゲンで確認されま
すが、数時間後再度レントゲン撮影すると、「あれ?骨はどこ? 
胃にも腸にもない!」という結果が多いです。

それだけ、犬の胃酸の消化能力は、「本来の食べ物」には、まったく
もっていい働きをする。。。ということだと思います。


※上記のように、「普通にしている」のではなく、苦しがっている場合は
 精査してオペも考慮する必要があるかもしれません。









2011年10月26日 (水) | 編集 |
今日の昼の部オペは、もうすぐ6ヶ月齢のめんこい柴ちゃんの
不妊手術(卵巣子宮全摘出)。

特に問題もなく麻酔の覚醒も良いので、夕方お帰りです。

近所なので、帰りも、てくてくと、やさしい飼い主さんと
歩いて帰ろうか。

またね!





2011年10月25日 (火) | 編集 |
過剰在庫や長期不良在庫は小さな自営業にとっては痛い存在だが
在庫管理自体が苦手。。。

なるべく在庫のないよう、逐一、問屋から仕入れるようにしている
が、需要が特別多かったり、うっかり発注を忘れてた場合、診療や
オペに支障をきたすことが、「時々」ある。。(大汗)。

今回は、「合成吸収糸」。

糸の細さで数種類を使い分けているのですが、その中の1種類が昨日
の時点でまったく無くなった。

あわてて、昨日発注しましたが、来るのは明日ということで、その糸
を使うオペは今日できなくはないけど、できれば明日以降が望ましい。
(大汗)。。。

2011年10月23日 (日) | 編集 |
本日、日曜日の予約診療で中型ワンの巨大乳腺腫瘍を診る。
15-6歳と高齢だが元気いっぱいですし、もちろん手術とな
りました。準備出来次第スタートします。

全身状態良好ですが、年齢考慮で細心の注意が必要です。
特に最後乳腺部位が最大化していますので、ちと厄介のよう
です。

がんばるのだぞ!
2011年10月21日 (金) | 編集 |
オスワンの多くは、「診察、処置、注射などの後の会計時に鉢植えや柱の
角に放尿をする」。。。

もちろん、しないオスワンもいるし、尿をしてしまうことがわかっている
飼い主さんは、「先に車に乗せてきます」とか同行者に「外で待っていて」
とリードを渡す飼い主さんも多い。

会計でまごまごしていたり、会計時に長話をしてしまった場合など、けっこ
う「やられて」います(大汗)。。

自分の匂い付けなのか、痛いことされたストレスに対する腹いせ行為なのか
不明ですが、朝いちでやられると、その日は第二、第三の放尿行為が続く
うです。(消毒剤で清掃しても)。

やりそうなワンは会計時などその素振りでわかるのですが、「早く外へ」とか
「先に車に乗せてきてください」とは言えそうでなかなかいいにくいものです。

今日は3連発(泣)。。。
2011年10月20日 (木) | 編集 |
十勝と日高を結ぶ峠(北海道一の長いトンネルもある)のある
国道を通称「天馬街道」と呼ぶ。

浦河生産の名馬三冠馬「シンザン」の冠名である。

信号もなんにも無い、まさに山の街道で、直線も多く、相当、
速度がでてしまう(汗)街道である。

よって、「覆面パトカー」での取り締まりも週末は実際多い。

十勝では有名なシルバーのゼロクラウンも、側道に身を潜めて
速度超過の車を虎視眈々と狙っている。

※なんどか、捕まっておりますワタシ(大汗)

が!!!  それ以上に恐ろしいのは、「エゾシカ」の飛び出しなのです!!

なぜか、突然、横から飛び出してくるエゾシカちゃん。
車とぶち当たれば、車の破損もはんぱなく、中程度の損傷から
廃車になってしまった車も多い
なんせ250キロクラスの物体が、突然正面にでてきてぶちあたる
のだから、お互いの損傷は推して知るべし。

道路一面、まさに「血の海」の事故の跡をなんどもみかけています。

この時期、餌を求めてうろつくエゾシカちゃんも多く、普通に走って
いて、何頭も、道路横に居るのをみかけます。

道路横にいるだけならいいのですが、突然、目の前を横切る輩も多く、
避けるのはどんなに注意しても不可能な場合も少なくありません。。

家族で同乗ならまだしも、引率で人様の子供たちも同乗の場合、注意
してもしすぎることはないですが、万一避け切れなかった場合、同乗
者へのダメージが心配です。

大丈夫!大丈夫!といってもこればっかりは確率的にありえると考え
ています。

あとは、天頼みか。。。。



2011年10月19日 (水) | 編集 |

大規模農業の収穫もひと段落、また、酪農の放牧地も冬を前にして、、、

毎年行われるのが、「堆肥まき」である。

本地方は、畑に囲まれている地区なので、風向きに関係なしに、「臭い」
のである。

窓を開けると、本当のう○○の匂いが強烈に入ってくるし、外を長時間
歩けば、吐き気を催す。家での食事も、食欲が無くなる。。。

そんな日が秋に数日、春に数日(長期に渡る時もある)、確実にあるのが
この大規模畑作地域の特徴でもある。

たとえば、牛舎の堆肥の匂いが嫌ならそこに近づかなけらば良いだけの話
だが、大気すべてにう○○の強烈な匂いが漂えば逃げ場は無い(大汗)。

長年暮らせばこの匂いに慣れる?というが、未だに慣れない。。。

酪農大出身で、牛や馬の堆肥などに匂いになれているはずなのだが、、、。

移住して来た方々には、おそらくかなりショックではないかと思う。。。
大自然の中のきれいで爽やかな空気を!!というのは、本地方には
当てはまらない。

朝起きて、さあ出勤!と外へでたら、う○○臭いのはテンションが下がる。

これが、地方で暮らす宿命でもあるし受け入れなければならないことは
十分に理解しております。






2011年10月18日 (火) | 編集 |
昨日は姉妹ニャンズの不妊手術で、今日は別件で兄弟ニャンズの去勢手術。

みんなまだ若ニャンで可愛そうだが今回のような6ヶ月~8ヶ月が適期と
いわれているし、こればっかりはしかたがない(すべきである)。

春先に生まれた若ニャンの「そういう時期」だということですね。。。
2011年10月17日 (月) | 編集 |
今週は北海道各地で平地でも雪がちょびっと降るそうな。
例年と同様の初雪時期だそうです。

今週末には、とある峠を越えなければならないので、冬タイヤ
に履き替えるべきか否か??
内陸や札幌圏に向かう峠ではないので、夏タイヤでいいかな。。

さて、今日は週明けの大安ということで予定手術(猫不妊)が
3件ほど。

意外と、「大安の日がいい」という飼い主さんも多いです。

緊急ならまだしも、予定手術ならたしかに「大安」のほうがよい
かもしれませんね・・・。





2011年10月14日 (金) | 編集 |
受験勉強は辛い。その手の勉強は嫌というほど経験しているので
辛いのは痛いほどわかる。。

なので、みんな同じくがんばっているのなら、その辛さから少し
でも早く開放してあげたいと願っている。

まだチャンスはある!がんばれ!

昨日の中型ワンPyometoraの子は、診断に沈静を使わなければなら
ないほど「狂」でした
ので、診療時間内に、オペを施しました。

その1.5時間の間、電話は放置、来院患者さん2件を拝み倒して
翌日に延期してもらったりして、けっこうワタワタしてしまいま
した。

でも、沈静なしで動かれたり、おっかなびっくりエコー検査して
いたら、見逃すようなタイプのPyoでしたので、それはそれでよか
ったです。(←わかる人には状況がわかると思う)

当のワンはおとなしく帰りをまっています、今日の夜のお帰りです。






2011年10月13日 (木) | 編集 |
電話で症状を聞くと、おそらくそうであろうと思われる
ワンの子宮蓄膿症の可能性高し。。

老ワンのわりに非常に気性が荒いということで、まともに
診察できてエコーで確定診断ができれば即オペなのですが
果たして、診させてくれるかどうか、、(大汗)。。

やるなら本日夜の部手術となりますが、はてさて。。。
2011年10月12日 (水) | 編集 |
生後約50日のまんまるの柴ちゃんを診る(初ワクチン)。

近くで、あまり営利を目的としていない柴愛好家の方
がおられるので、その方からの譲渡だそうです。

栄養状態のよいぷっくりしためんこい子。

優しい子になってね。(柴ちゃんは一本気で気負いのある
子が多いので、、、)

一方、治療継続ながらもニャンコの訃報をいただく。
力及ばず申し訳ありませんでした。。。



2011年10月11日 (火) | 編集 |
今日の昼は買い物(食材など)、洗車(雨あがりなので)、銀行用事でした。

※昼(12時から14時半の間)は手術や往診がなければ個人的にはなん
 でもありです)

で、洗車場でとある飼い主さんから声をかけられ「うちの犬はその後元気
ですが、また出来物が大きくなってきたような、、」。。。。

うう。。すんません、、話はあわせましたが、お名前も、オペの内容もぜ
んぜんわからずにお話してしまいました。。。

お名前を言っていただければ、後でカルテを参照して、オペ内容を思い出
すのですが、、、

ごめんなさい。。。



2011年10月09日 (日) | 編集 |
また連休ということで、今日は何曜日だったけ?
あ、日曜日か。。。

前日予約3件+当日予約3件ほどを午前中に診ま
す。
2011年10月06日 (木) | 編集 |
猫を診る絶対量が以前より減った(地域性)せいかどうかは
わかりませんが、「猫の乳腺腫瘍」にそういえば最近遭遇し
ていません。最近はワンだけですな。

今日もワン乳腺腫瘍摘出でした。

最後部乳腺の処理は、「股」部位にどうしてもかかるので
けっこう気をつかいます。最前部乳腺腫瘍に伴う脇部位の
リンパ腫瘍の処理よりは楽ですが、、、。
2011年10月05日 (水) | 編集 |
あまり、遭遇しない「猫の子宮蓄膿症」に「また」出合った。

(ワンは驚くほどこの疾患が多い。。。欧米の数倍とか?。。)

診断も、オペも特に問題は無いのだけど(リスクは多少ある)、
過去11年間では皆無(胎児浸漬とかはあった)だったのがプラ
ス4年の間に数件とは。。

さて、お昼にはそのニャンコの手術です。がんばるのだぞ!



2011年10月04日 (火) | 編集 |
今日の昼は昼食カットで、急いで往診。

片道約1時間だが、ノロノロ先行車が多かったりして
いつもより少し時間がかかってしまった。

ゆっくり走っていたせい?か普段はそうでもないのに
睡魔が(大汗)。

帰りもけっこう眠かったので、自宅に着くなり、約15
分仮眠をとったら、その後の午後の診療ははまったく問
題ないようです。

今回は往復で約二時間、診療一件だけなので、正直、利
益はないけど、めんこいニャンコを触って(診察して)、
御代をいただけるだけで十分?かな(大汗)。






2011年10月03日 (月) | 編集 |
道内主要な峠部(主に道央圏と道東部の境)は標高の高いところで
雪やミゾレで、冬タイヤ装着推奨とのこと。

こちら側の平野部でも、最低7度と、一気に秋深まりつつ、冬へ向
かっている。

ニャンコたちも暖かいところを探して右往左往しているようだ。

この時期(部屋が中途半端に寒い時期)が猫の尿路疾患が比較的
多い時期(飲水量減少など)ですので要注意です。

完全に厳冬期になると、室内はたいていほぼ暖房が強くなるので
また飲水量が増えるので、上記疾患が落ち着く傾向にあります。

特にオス猫の頻尿には注意してください。