FC2ブログ
★ どんぐり村の動物病院 S.PET.CLINIC ★ 正真正銘の「村」の小さなクリニックから発信 ★ 0155-52-3711 ★ 平日 9:00-11:30 14:30-17:30  【土日祝日要電話】
2011年06月29日 (水) | 編集 |
「先生、わしゃ、ちゃんと、先生の生まれてくる国
作れたかのう?先生のように優しゅうてバカ正直で
お人よしな人間が笑うて生きていける国を、、、」

「はい」

「ほうかい。まっこと・・・・」


ふと思った、、あたりを徘徊している野良にゃんにもあの
幕末の動乱の時代にちゃんとご先祖さんがいたんだなあと。

親がいて、その親がいて、そのまた親がいて、、、

そう思うと、不思議といえば、不思議。

現在の命は、どんなに過去をさかのぼっても、その遺伝子は
途切れていないわけなんですねえ。。。

その流れを断ち切ってしまうことを左右している我々獣医師の
責務は思いのほか重いのかもしれませぬ。




スポンサーサイト



2011年06月29日 (水) | 編集 |
もう6月が終わり、今年もあと半年、経過が早い!
まだ6月だというのに30度越えの真夏日、、、さす
が北海道で一番暑い地方!

被災地も猛暑とのこと、かの臭気もヒドイとのこと、、
被災地に比べればこんな暑さ屁でもないな。。
暑い暑いなんぞ言っていたらばちがあたる。。










2011年06月27日 (月) | 編集 |
ちょっと前に「仁友堂大学病院」(漫画 仁 -JIN- )を含む記事
を書いたら、検索ワードにヒットしたらしく、普段の10倍近いアク
セス数を記録している。

本当にたいしたことは書いておらず、閲覧にはおよばないので、
申し訳ないのですが、、、、。

原作では、江戸時代に戻って咲さんと結婚する南方先生。しかし
今回のドラマではそうではなく、あのようなラストとなりました。

屋上でさらに上を振り返ると、「仁友堂大学病院」の巨大看板がある!!
とおもったらそういうシーンも皆無で、、、、。

(原作では、もう一人の南方先生が勤務するのが仁友堂大学病院)

もしかしたら、オリジナル続編で、再度のタイムスリップ話もあるやも
しれませぬぞ(汗)。だって、美紀さんの脳腫瘍もあったし、第一、

ハッピーエンドじゃない!!(本当の)

龍馬胎児型脳腫瘍は結局、江戸にも現代にも無い、行方不明ということ。
あのおちゃらけた龍馬のことだから、美紀さんに乗り移るのは可能だ(笑)

で、再度タイムスリップ! そして原作のように、結婚ぜよ! ほいたら!

と、、、ジョークはここまで。。。。


今日は、腸重責+腎不全のにゃんの手術でした。

状態は、まだなんともいえないが、重責のオペは問題なく終了!
問題は重度の腎不全、、、。

優しい飼い主さんが待ってる!がんばれ!!!
2011年06月25日 (土) | 編集 |
今日の昼は、生後一ヶ月の子供たちのおかあさんワンの不妊
手術でした。

まだ、授乳しているらしいのですが、この時期乳離れも可能
ですが、とりあへず、「もう少し授乳させます」とのことで
日帰りで、私と飼い主さんに都合により、夜9時半の退院で
した。

こどもたちを授乳しても、創が大丈夫なように、通常より頑
丈に(内部も外側も)縫合し、テーピングも最小限(そうし
ないと乳首が隠れてしまう)の処置としました。

退院時にはやはりかなりお乳が張っていましたが、これから
急激に出なくなりますし、離乳時期としてもいいころだと思
います。



2011年06月24日 (金) | 編集 |
皮下脂肪が多いワンニャンは内臓脂肪も多い。
(そういう自分も凄いです(大汗))。

しかも、下腹部のオペ(不妊手術もやや下腹部ですが
それよりも)の場合、それはそれは、皮下脂肪が邪魔
となる。

目線が通常は斜めなのに、垂直になる(わかる人には
わかる)。

さて、やっと腹筋を開けたとおもったら、今度は内臓
脂肪が、、、。

ああ、そのうち、私もお医者さん(手術中の)にそう
言われないよう、減量しなければ、、、。

今日のワン(膀胱切開)も思いのほか、時間がかかって
しまいましたが、麻酔の覚醒もよく元気にしています。


2011年06月23日 (木) | 編集 |
今日の夜は某院へ出張手術の予定。実は昨晩も(汗)。

最近は、昼の部は自分とこの手術をやって、夜に時間
をとって出張手術のパターンが楽です。

移動時間も片道40分強ですが、ぼーっとしてるだけです
(もちろん運転には注意してます)ので苦になりません。
(時間がもったいないなと思うだけです。)

昼も夜も自分とこのオペが入っている場合はどうにもな
りませんが、他院のためにもなりますし、自分の技術の
維持にもなりますし、収入にもなりますので、出張は嫌
ではないです。

ただ、出張中に顧客(いちげんさんではなく)の患者さん
のエマージェンシーがあるような場合はちと困りますが、
クリニックへ帰ってから診れるのであれば問題ないと思っ
っています。







2011年06月22日 (水) | 編集 |
さすが、北海道で一番暑い地区の本地方である。30度越えで
ある。それでも湿気は少ないようで、まだちょっと余裕はある。。

※何度も書くが、日本一寒い地方(道東内陸部)でもある。
 ああ、それなのに、それなのに(笑)

一方、

被災地では、湿気で、仮設住宅の結露やカビ、仮設ゆえの
普請の甘さから隙間からの虫の侵入なども多いとのこと、
それに加えて、これからの暑さ。。

エアコンが標準装備とはいえ、断熱材の少ないプレハブは、
暑さにめっぽう弱い(室内が暑くて暑くて、、、)。

大丈夫なんだろうか・・・・。
2011年06月21日 (火) | 編集 |
CA340039-2.jpg


股関節疾患のひとつの例。画像的にはよくある疾患です。
(撮影ポジションが悪いですが)。

引き上げる動き(脚を前へ前方への動き)をすると痛みが
出るため、必然的に患脚をだらりとさげようとする

麻痺ではなく、痛みを少なくさせようとする自己防衛反応。

2011年06月20日 (月) | 編集 |
初診(まったく初めての来院)のニャンコ2頭。

どちらも、最初(診察し始め)は緊張感からか、じっと耐えて
いたが、耐え切れなくなって「切れた」(汗)。

多少切れても、こちらは、自称「猫のおっさん」(汗)。
飼い主さんと二人で、たいてい、猫あしらいを上手くやれる、、、
はずでしたが、、

恐怖で飼い主さんが手を緩めてしまって放してしまうとこちら
も半ばお手上げ、、、

軽い負傷×2回。。(←ほぼ同じ左手の所)

猫のおっさんとしたことが(大汗)。。

挙動と特徴がわかったので、次回は上手くたちまわりましょうぞ!





2011年06月17日 (金) | 編集 |
あ、いえ、緊急診療でもなんでもないのですが、、

たまたま、朝?夜中?3時20分ごろに目が覚めてしまって
トイレに行く途中、窓を見ると外が妙に明るい、、、。

おんや?UFOでも来てんのかいな(爆)と思って窓を開けて
みると、、、、

もう、しらじらと夜があけつつある状況だったのです。

まだ太陽さんはもちろん昇っていませんが、明らかに「夜」
ではなく「早朝」なんですね。

村の基幹産業の大規模畑作農業の作業も、早朝から朝までが
作業時間だそうです。これから猛暑がやってくるので、朝に
収穫しないと農作物がだめになるし、人間も暑さでやられて
しまうからだそうです。

ご苦労さまです。



2011年06月16日 (木) | 編集 |
最近は(ずっと前から)、糖尿病の疑いのある人、糖尿病な人
は、自分で自分の血液を採取して、その場で、携帯型測定装置
で血糖値を見ている。

「ランセット」と呼ばれる、「針」もとても細く、浅く皮膚に
刺さるようになって、ほとんど痛みを感じないほどです。

10-20年前のランセットは針も太く、痛かった。(測定
に必要な血液量がその当時は比較的多めに必要だったせい)。

でも、、、

痛くなくても、さあ!刺すぞ! の心構えは必要だし、やっぱり
嫌ではないかと思います。

で、当クリニックにも、携帯型血糖測定器があり、やはりほんの
微量で測定できますので、、、、

時々、間違って、指の先とかを(自分の指です)出血させてしまっ
時、すかさず(笑)、機器を出して、自分の血糖値を測定していま
す。 

ルーチンに測定する病にかかっているわけではないのですが、やはり
血圧や血糖値が気になる年頃です(汗)ので間違って血がでちゃった
だけそんなあんばいで測定しています。


2011年06月15日 (水) | 編集 |
朝一診察の中大型ワン。
昨夜からの起立不能状態とのこと。

エコーで腹部液体貯留+可視粘膜蒼白でしたので、血管確保
しただけで、急いで動物医療センターに走ってもらいました。

交通事故ではないので、おそらく腹腔内出血だとすると、ちょっと
厄介な疾患(腫瘍破裂など)の可能性高し、、、、。

私の誤診で「軽い疾患」であってくれればいいのですが、、、。
2011年06月14日 (火) | 編集 |
地域猫の定義があいまいだが、半ノラにゃん(ご飯だけあげてる)の
不妊手術+耳カットが昼の部で予定。

(耳カットについては賛否両論あるが、私はいいと思っている。)

どうか妊娠していませんように。。。


2011年06月13日 (月) | 編集 |
仁友堂大学、仁友堂大学病院。なるほど。(モデルは順天堂)。

歴史は変えることはできないが、新たに生み出すことは
可能である
ということですね。(フィクションですが)。

たとえば、、、、

龍馬の死は避けられないが、彼が生み出した船中九策の九項目は生かされる
ということなのでしょうね。




2011年06月13日 (月) | 編集 |
症状+単純レントゲン+エコーでその疑いがあれば、
消化管バリウム造影検査(複数レントゲン撮影)。

今回もはてさて。。。
2011年06月10日 (金) | 編集 |
オスにゃん(タマタマあり)、2-3日帰って来なかったと
思ったら、高熱で元気食欲なく嘔吐下痢。
しかも両頬部に500円玉大の皮膚壊死(化膿)脱落創。

皮膚デブリード(清掃)+半日点滴入院

熱発しているので、さすがにタマタマは切除できなかった、、、。

でも、傷が良くなったら、とるど! 

怪我ならまだしも、クルマに当てられたら助からんど!


2011年06月09日 (木) | 編集 |
CA340038-2.jpg

手術用手袋(サージカルグローブ)(滅菌済み)は大別して
装着面にパウダーが付着しているタイプと付着していないタ
イプがある。

また、天然ゴム成分(ラテックス)に対するアレルギー反応
を起こす人に対応するための100%合成素材のものもある。

いずれにしても、その人、その人の「好み」で何十もの銘柄
から気に入った銘柄を選んでいる。

安いものはやはり良くない傾向にあるが、安くても良いもの
もあるし、大体、一双換算で90円から160円のものが主流で、
別格?として一双あたり310円あたりのタイプもある。

※一箱(20-40双)単位での納入ですが、案外高くないものです。
  一般の方は「え?もっと高いものだと思ってました」という感想が
  多いようです。

主流ものの中で「JMS」の手袋は、薄さ、伸び、フィット感
がとても気に入っています。

今まで、ムトウ、センパーメッド、トリフレックス、トーマ、
メディトップなどを使用してきたが、最も性能がいいなと思う
のは「JMS」である。

あ、あと、別格ではない中で「東レ」の「センシタッチプロ」もい
いらしいが、JMSで間に合っているので、、、。

先月は手袋が足りなくなるほどだったので、今月始めにはいつもの
2倍注文したら、今度は消費量がだぶついてしまった(汗)。

というオチでした。。。


2011年06月09日 (木) | 編集 |
ドラマネタですんません。

船中九策で、仁先生の願う「より良い未来」が現在より早く
できるのかもしれませんね。

史実(ではないという説もある)の龍馬の「船中八策」(大政
奉還後の新政府の骨子の原案)に、追加されたもうひとつの策。

九、皆が等しく必要なる医療を受けられ健やかに暮らせる保険
  なる仕組みをつくること

ドラマの中では、実在の人物が書き上げた書物なので、おそらく
消えることはない(この1項だけが)のでしょう。

ただ、龍馬と仁先生と二人で撮った写真の仁先生は、おそらく
その写真上からは消えてしまう、つまり現代にもどる運命なの
であろう。

そして龍馬一人になった写真があの有名な竜馬の写真なのであろう。

そして咲さん、、別れがくることを予想して、以下のような言葉を
赤ん坊(おそらく美樹さんのご先祖さま)に話しかけます。

未来が少しでもかわった(船中九策やペニシリンなどなど)のなら
咲さんのDNAそして願わくば、彼女の記憶をもつような瓜ふたつの
女性と仁先生が出会う、、なんてね。

 「 あなたはね、私の恋敵をおつくりになる方なのですよ。
   私としたことが、大変な方を取り上げてしまいました。
   あなたに、一つだけお願いがあるのでございますよ。
   どうか、南方仁という、傷つくことが多いあの方に、
   今度は誰よりも幸せな未来を差し上げてくださいませ。 」


2011年06月07日 (火) | 編集 |
今日の午後の手術は猫去勢。猫去勢は麻酔導入も含めて10分もあれば
終わるので、診療時間内に行うことも多いです。

お昼に車で30分の地区へでかけてピックアップしてきて、夕方(夜)
また車で30分走って、お返しに伺います。

開業当初から(仕事の無い時から)お世話になっている飼い主さん
の依頼ですので、忙しくても、苦になりません。

ああ、あの頃、診療依頼をたくさんしてくれてどんなにありがたかっ
たことだろう。

ありがとうございました。




2011年06月06日 (月) | 編集 |
腹腔内腫瘍(転移性)、腹部大動脈にがっちり根を生やし、
腫瘍自ずからも出所不明(散在的)的に緩慢な持続性出血
あり。。。

It is not possible to help .

人間の医師(腫瘍外科)数人ががかりなら切除できると
思われるが、、、

撤退、、申し訳ありません。。


2011年06月05日 (日) | 編集 |
休日継続予定診療。。。なんだか長ったらしい名称だが、要は、、

ずっと(例えば一日おきで通院治療)診療してきたワンにゃんを
ローテーションに従い休日も診る。。。ということである。

または、金曜日に受診し、本来なら土曜日もチェックしなければ
ならないのだが、どうしても土曜日は来れないということで、診
察を次の日曜日にシフトする、、、ということです。

予定診療なので、もちろん休日でも休日時間外診療費用なんぞは
必要のない
、お得??な診療です(汗)。

さて、今日も、、、。


2011年06月02日 (木) | 編集 |
未曾有の大震災と国政の混乱(足のひっぱりあい、罪のなすりつけあい
ともいう)。

困っている政党に対して、どうして党を超えて助け合おうとしないのか?
助けるほうも機能してないといえばそれまでだが、みんなで知恵を出し合
い、総力戦で超法規的に被災地を救援しなければならない時にいったい、
あのお方たちは何をしているのか。。。

以下、創作か事実かは不明だが、幕末のワンシーン。

困っている方からは言い出しにくい。。だからこそ助け舟を!!
優しさを!!



当時、両藩の置かれていた立場には大きな違いがあった。
長州藩は先の「禁門(きんもん)の変」以来、朝敵と呼ばれ
天下に孤立していた。
幕府に追われ、白昼町を歩くことすらままならない。
瀕死(ひんし)の状態だった。

一方薩摩藩の方は、「禁門の変」で長州を追い払うといっ
た、武力面での活躍もあったため、朝廷・幕府・諸藩から
の信頼が厚かった。

このため、長州側としては、

  『同志を殺した薩摩に対し、頭を下げて助けを乞(こ)
   うようなことはできない。』

という気持ちがあったし、薩摩側には、

 『困っているのは長州だ。長州の方から頼んでくれば良い。』

という考えがあったのだ。

そこへ竜馬がやってきた。
桂の説明から、薩長連合の話が進展していないことを知った竜馬は、
深夜にもかかわらず薩摩藩邸に乗り込んだ。

 「西郷!まだ、藩の体面や意地にこだわるつもりか!
  桂は薩長同盟の成立を諦(あきら)め、長州へ帰ると言っている。
  確かに桂や長州は、男らしくないかもしれぬ。だが...」


  「長州が可哀想ではないか!」

 と、竜馬は叫んだっきり、西郷を射(さ)すように見つめたまま沈黙した。
  (「竜馬がゆく」:司馬遼太郎 より)


不思議なことに、この竜馬の「ひとこと」と「射すような眼差(まなざ)し」
が、それまでの西郷たちの意地をいっぺんに取り払ったという。

なぜ、竜馬の説得が、西郷たちの心の変化を呼び起こしたのか。

絶対の信頼を寄せる竜馬が久しぶりに目の前に現れたため、西郷たちに
本来の目的を思い起こさせたからだと、簡単に言ってしまえばそう言え
なくもない。

しかし、心を動かした直接の要因は、もっと他のところにあったような気
がする。

西郷たちは人間なら誰もが感動する「やさしさ」を、竜馬という人間に見い
出したのではないだろうか...

2011年06月02日 (木) | 編集 |

過去記事にも書いていますが、当クリニックで最も受診数が
少なくなるのが木曜日です。

ですので、予定手術がなければ、本当に一日、また~りと(汗)
すごすことになる。

しかし、暇だからこそ、やらねばならない事がある。

「ごみ捨て」

毎日のように届く不要なダイレクトメールや薬剤のダンボール。
溜まりにたまった空き缶などなど。。。

最近はずっと忙しかったので棄てに行けず、、溜まって溜まって、
もうごちゃごちゃです。。

近くのリサイクルセンターに持ち込んで処理してもらいます。

しかし、

被災地の瓦礫、、、処理方法が困難とのことで、まだまだ手付かず
状態が多い、、、。いろんな物質が混じっているので、リサイクル
もできず、塩分のため焼却すればダイオキシンがでる。高温焼却す
れば、ダイオキシンはでないが、その施設は僅かしかない。

よい解決策はどこに。。。





2011年06月01日 (水) | 編集 |
ニャンコの皮下膿瘍(主に喧嘩創)の切開、排膿、洗浄処置が
増えてきた。

春先からの陽気で、外にゃんらが活性化(汗)しての結果である。

気温が高いと膿瘍になりやすい誤解があるが、つまりは、喧嘩の
頻度の問題である。冬場でも修羅場が多ければ膿瘍になってしま
うものです。

にゃんこに告ぐ!

当クリニックに皮下膿瘍で来ると危険である!
君がオスにゃんであれば、今後の重篤な伝染病予防や、交通事故
の予防のため、膿瘍処置と同時にタマタマをとってしまうど~!!

コワイど~!!