FC2ブログ
★ どんぐり村の動物病院 S.PET.CLINIC の日常や記事  ★ 正真正銘の「村」の小さなクリニックから発信 ★ 検索フォームで過去記事のキーワード検索もできますよ!  平日9-12、15-18  【土日祝日要電話】
2011年03月31日 (木) | 編集 |
通常だと、札幌に在庫があり、翌日に届くはずの薬剤や材料が、
「納期未定」状態が多いようだ。

一度に頼んでも、小出しで一個一個届くようなあんばいです。
インスリン注射用シリンジ メス刃、縫合糸 などなど。。。

幸い、緊急に必要な薬剤とかのケースは今のところ無いけど、
今回の震災の傷は予想通り深いものだと実感しています。

地震、津波の甚大な被害もこれからが大変だけど、原発被害
は「そこに人が住めなくなる」ことが恐ろしい。。。

産業(農業、漁業、はては通常の工業)もできず、学校も閉鎖
すべて閉鎖では、その地区はいったいどうなる・・・・。
スポンサーサイト



2011年03月29日 (火) | 編集 |
他院からの依頼で患者さんを受け入れて治療やオペをするのが
依頼(紹介)診療と呼ばれる。

「う~ん、私ではちょっと難しい手術だから、先生頼みます」と
いったところです。

多くはその場合、患者さん自ら二次病院を訪れて診察治療もしく
はオペとなる。
別パターンとして、患者さんには内緒で、腕の良い先生を連れてき
て、自分の病院で自分が手術したことにする場合もあります。

まあ、どちらも、違法であったり、その行為に問題があるわけでは
ないので、オッケーといったところです。

今日の午後は、依頼手術があり、預かって夜にオペしようと思った
けど、それほど状態が悪いわけではなかったので、さっさと(汗)
午後の診療時間内でやってしまいました。。。

その間(40分間)、だれ一人来院することがなかったです(大汗)。
いいのか悪いのか(笑)。。


2011年03月28日 (月) | 編集 |
毎日なんだかんだ手術があった先週が過ぎ去り、今週は特に予定手術は
今現在は混んではいない。

今日は朝からニャンコのオンパレードで、午前中、連続9件ニャンニャコ
ニャン。←一般診療。

はて?今日は猫の日か?おお、そういえば28日でニャーの日だ(こじつけ)。
夜にはやはり猫不妊も予定されている。。

午後いちでは、凶暴?な半ノラにゃんを「なんとかかごに入れてきた」ので
不妊手術の飛び入りアポなし依頼があったが、「かごのなかで大暴れ」
している。しかも、「かごから出すのは不可能」らしいので、今回は丁寧に
お断わりして、猫ネット(洗濯ネット)をお渡し、後日あらためて、ネット
インの状態で来院してもらうことをお願いいたしました。ごめんなさい!

※ 福島原発、、収束(終息)が長期化する見通しとのことだが、
 周囲の汚染はいったいどうなるんだ!! 
  
 
2011年03月27日 (日) | 編集 |
今日は中大型ワンの野外処置。
ご自宅の裏庭で処置させてもらいました。

ビールケースを二つならべて、その上にバスタオル
をかけて、簡易処置台として、沈静下の処置。

繊細で細心の注意が必要な処置でしたが、お父さんが
上手に体位変換など手伝ってくれたので予想以上にう
まく処置ができました。

ありがとうございます。

やさしい家族に囲まれて、よかったなあ・・・。
がんばれ!



2011年03月25日 (金) | 編集 |
明日は片道1時間の町へワンを迎えに行き、こちらへワンだけ
連れてきての不妊手術を予定しています。

こちらへ連れてくるのは不可能なご夫婦のめんこちゃんです。

昼過ぎに向かえに行って帰ってきての夕方のオペですので、翌日
お返しに再度片道1時間を走らなければなりませんが、ドライブ
と思えば苦痛ではないです。(ワンは嫌だろうけど、、)。

今日の昼は大型ワンの腫瘍切除、夜はニャンコの結膜腫瘍(再発で
ちと厄介、、)が予定されています。

※ 本当に本当に大丈夫なのか放射能汚染!!
2011年03月24日 (木) | 編集 |
今日の昼の部オペは、一件2頭のニャンコ不妊手術(卵巣のみ切除)。

めんこい姉妹にゃんで、11月生まれですが、発情「まおまお」とのこと。

余裕をもって、昼一頭、夜一頭やろうと思っていたら、夜に遠方往診
が入ったので、昼に2頭実施しました。

オペが終わったところで、往診予定先からお電話いただく、、、。

「少し調子がよさそうなので様子見ます」。。

夜の遠方往診は無くなりました。orz

で、お腹が減ったので、急いで昼食(午後開診まで時間がな~い!)でした。

がんばろう福島!



2011年03月23日 (水) | 編集 |
平滑筋腫といってもさまざまな場所でさまざまな形態があるが、
今回のは「膣平滑筋腫」。

メスワンの発情と同時に、陰部から小さなタコの頭のような物体が
「こんにちわ」と見えはじめ、発情終了後も、腫瘍はそのまま、、
のパターンが多いようです。

膣脱や、子宮脱と勘違いすることもあるようだ。

処置(手術)は、陰部側から増生物を切除するだけだが、再発や今後
の子宮疾患(ガンや子宮蓄膿)を考慮して、卵巣子宮全摘出を実施
したほうが安心です。

今回は大型(直径2センチ)1、中型1、小型(腫瘍化してすぐ)1と
同時に三個の腫瘍を切除しました。

小型ワンですので、体重比としてはけっこうあります。

※福島県民が難民化しつつある。放射線汚染の風評被害でゴーストタウン
 化している大きな市もある。本当にとんでもないことだ。
 大学の同級生の出身地の飯館村も村ごと他地域に非難とのことだ、、、。
 フクシマが無くなってしまう。。。



2011年03月20日 (日) | 編集 |
朝からレトリバーちゃんの呼吸困難の主訴で、血性胸水約800ML除去。。
呼吸が改善し夕方から食欲旺盛になりましたが、今後は申し訳ないが、難し
いといわざるを得ない。。。

午前中にニャンコのバリウム検査により閉塞部位が特定できたので、昼ちょう
どあたりから開腹オペ。腸管吻合はせず、一部腸切開→閉塞物摘出で、すみま
した。こちらは予後は良好と考えています。

8日ぶりに救出されたお年寄りの報道もありました。良かった良かった。

福島の原発の状況がとても気がかりです。どうぞ収束しますように。。。
2011年03月15日 (火) | 編集 |
この時期、このブログに何を書いていいのかさっぱりわから
ない。。。

励ましもすべて偽善のように思えてしまうし、日常を書いて
も被災地域のあの惨状の前では自分が恥ずかしい。。。。

実家も放射線被害に遭う可能性もある(原発地区からは約80キロ
なので、今現在は安全?域です)。。。。

津波被害の上に、原発事故、、、

「神は乗り越えられない試練は与えない」というが、なんと壮絶で無慈悲
なことか。。。




2011年03月14日 (月) | 編集 |

2011年03月12日 (土) | 編集 |
実家が東北の某県です。

海沿いではないので、壊滅的被害は無かったのですが、
実家周囲は壁が落ちたり、瓦がほとんど無くなったり、
ブロック塀が、軒並み、倒壊している家屋が多いとの
ことです。

震度6強。。 

実家は無事ですし、人的被害もありませんが、酷い被災に
遭われた方は本当に心配です。。。

どうぞ、がんばってください。



2011年03月11日 (金) | 編集 |
今日の予定手術は2件3頭。み~んなニャンコの去勢術。
入院ケージで、お隣同士、にゃおにゃおご~ろご~ろしな
がら、お互い、お話ししているようだ。

なんか、気のいい連中ですな。仲間に入れて欲しいな(汗)。

タマタマ取ってごめんよおお。。
2011年03月09日 (水) | 編集 |
今日の午前中は、都市部(といっても地方都市ですが)の某動物病院
の依頼オペ(難易度は低い)を、当クリニックで実施。

久しぶりに、いろいろと情報交換。

少なくない動物病院で、今まで、受けていなかった夜間診療や休日時間外
診療を積極的に受け初めている。。。とのことです。

不景気が続き、受診控えなどもあり、少ないパイの奪い合いに近い状態
のようです。 価格競争も水面下で凌ぎあいの感もあるようです。

対岸の火ではありません。病院を維持するのもホント大変です(大汗)。



2011年03月08日 (火) | 編集 |
関東でも2-3日前に時ならぬ積雪があったようだが、ここ厳寒の地
でもやはりまだまだ積雪はあるものの、もう春は近い。

最低気温がマイナス15度から20度あったのが、マイナス7度あたりで
推移していて、最高気温も最近は7度程度に上がった!

で、ニャンコが動きだした(笑)。
野外活動が活発になってきたようだ。喧嘩創の治療がここのところ増えて
きている。

当クリニックの猫の外傷治療は、速い(自分で言うか??)ぞ!

多少の抵抗でも、がっちり抑えるか、動きながらも、だましだまし、、、

まずバリカンをかける、そして、かみそりで毛を剃る!←注意が必要だ!

次に、抗生剤入り生食で、創内部をできるかぎりすばやく洗う、洗う!

最後に、軟膏+テーピングで、、、いっちょあがりだ!

ニャンコは、あまりの速さに、抵抗するのも忘れてあぜんとしている!

腹部だろうが、脚部だろうが、なんのことはない!ノープロブレム!!

さすが、プロの仕事だ!! 、、、、、っていつも出来ればいいなあ(大汗)。

さて、今日は夜の診療終了後、隣村へ往診へでかけてきます。
近いのでたいてい往診料金はいただいておりませんです。







2011年03月07日 (月) | 編集 |
何度か記事に書いていますが、「時間外」について
ご質問がありましたので、個別のコメントの返答と
あわせて、記事としても確認の意味でアップします。

平日(月曜日から金曜日)
診療時間 9:00-12:00 14:30-18:00 予約必要なし


上記以外の、土、日、祝日、夜間 は要電話予約
もちろん緊急予約も可能です。(極力受付可能)。

携帯への転送留守電になっていますので、、、、、

用件を残してくれれば、大抵はこちらから折り返し
電話いたします。ただ、どうしても電話できない
場合もあります
し、無言電話などは申し訳ありま
せんが、こちらからお電話はいたしません。

それと、24時間対応ではないこともご了承ください。
体が持ちません(大汗)。。。



2011年03月04日 (金) | 編集 |


動画の3分すぎの台詞(字幕)のような状況は
さておき、、固い決意があれば、目的は達成で
きるのだろう。がんばれ!春からの受験生諸君!
2011年03月03日 (木) | 編集 |
当クリニックにおいて、直近の治癒率、、ゼロパーセント。
二戦二敗。。。

この前のワンは、胃穿孔まで発展してしまったため、そして
今回のワンは捻転後経過が長すぎ多臓器不全。。。

いずれにしても、重篤のこのような疾患を治してこその獣医師
なのですが、なんとも自分が情けない。。

 ※捻転後早期なら比較的簡単に治る疾患ですが、時間がたてば
  たつほど急激に救命率はさがります。

合掌

2011年03月02日 (水) | 編集 |
にゃんこは受胎後約8週から9週で分娩する。

受胎後2週間では、腹部がさほど目立たないので、外見から
は妊娠がわかりにくい。
乳腺はこの時期、まだ発達しないが、乳頭がやや大きくな
る子が多いので、このあたりを良くみればわかることもある。
また、この時期、比較的内臓脂肪が少ない子の場合、触診で
子宮内胎児(胎嚢)を触れることができる時期でもある。

今日の不妊手術も受胎後2週間ほどの子。(後述の胎嚢の大きさ
から判断)。

妊娠か否かは飼い主さんもわからな(外猫)かったのですが、
お預かりして、沈静後(この時点では腹部外見から判断不能)
、バリカンかけると、乳頭だけがやや大きくなっていました。

で、エコーで確認してみると、直系2.5センチの胎嚢が数個確認。

はじめから皮膚切開を大きくとることができました。

※オペ途中から妊娠だとわかると、皮膚切開を延長しな
 ければならない。

残念ながら、5胎は、、、、

何度か記事として書いていますが、これも獣医師の役目だと思って
おります。。。ちと辛いですが。。。



2011年03月01日 (火) | 編集 |




(外は雪が降ってます。気温は高めですが、15センチ程度の
  積雪予想。)

零細動物病院にはツライツライ、1月、2月 が過ぎ去りました。

何度も記事にしていますが、日本全国的に、この2ヶ月は、動物
病院、特に、小さな個人病院の収益がガクンと下がる時期でして
この2ヶ月を如何にして乗り切るかが今後の経営を左右します
暖かい地域の動物病院ならまだしも、豪雪寒冷地域の動物病院に
とっては、それはそれはツライ時期です。

近年では、不景気の影響で、札幌のような比較的大きな都市の中~大
規模の動物病院さえ、獣医師をリストラしなければならない病院や、
ボーナスの大幅削減などもあったとの事です。

人件費が経営を圧迫する要因ですが、中規模クラスの病院では、やはり
それだけのスタッフが必要でしょうから、経営側として悩むところなの
でしょうね。

さて、どんぐり村の小さなクリニックも、今にも風に舞う木の葉のように
ふっとばされそうですが(汗)なんとか動画の猫のように立っています。

今日から3月です! 心機一転? 乞うご期待!(え、何を?(笑))。