FC2ブログ
★ どんぐり村の動物病院 S.PET.CLINIC の日常や記事  ★ 正真正銘の「村」の小さなクリニックから発信 ★ 検索フォームで過去記事のキーワード検索もできますよ!  平日9-12、15-18  【土日祝日要電話】
2010年07月30日 (金) | 編集 |
この十勝地区に限らず、北海道は「雷」が一年を通して少ない。

高校まで本州で育った私の記憶では、某県(東北地方)は年がら
年中雷が多くて、しょっちゅう、あちらこちらで「落雷」被害が
あったもんです。

特に夏は、池や川で遊んでいると、午後になると、たいてい、
にょきにょきと入道雲がたちあがってきて、いきなりのどしゃ
ぶりのにわか雨や雷雨。

びっちょりと濡れながら走って帰る、、のがしょっちゅうでした!
懐かしいなあ~(遠い目。。。)

こちらでは、雷が本当に少なく経験が少ないせいか、子供たちに
は恐怖のようで、特に下の娘は小学校高学年であるのに、ちょ~
びびりまくりです。やれやれ。。。

にわか雨があがると、大抵大きな虹がでて、きれいでしたな~。
故郷にもたまには帰らないとな~。。。




スポンサーサイト



2010年07月29日 (木) | 編集 |
この季節(暑さと湿気と寒暖差)、全身的な感染症が多い。
特に、外猫の感染症が7月の中旬ごろから受診が増加して
いる。

しかも、牛舎猫さんではやはり「パルボウイルス感染症」が
散在的に発生しているようで、その治療薬として推奨され
ているインターフェロン製剤の「インターキャット」の使
用頻度がここのところ多いです。


つい最近まで元気にしていたのに、嘔吐、下痢(腸炎)、
一気に病状悪化、同居猫の相次ぐ死(嘔吐と腸炎)。
しかもそれが、生後1-2カ月程度のチビニャンであれば、
まず、パルボウイルス感染症を疑います。

そして、なるべく早くインターフェロン投与を初期治療として行えば、
救命率がかなり高くなります。


なぜ「疑って」というのか。。

現在、病院で手に入るパルボウイルス検出のための糞便キット
は犬用であって、猫に対しては信頼性が低く、パルボであって
も陰性とでてしまう確率が多い。


また、血液検査で白血球を検査しても、白血球減少の事象が
パルボウイルス感染症の確定診断には至らない。

まごまご、ぐずぐずしているうちに、甚急性に坂を転げ落ちる
ように症状が悪化衰弱するのが本疾患の特徴。

疑わしきは、まず、インターフェロン投与。
万が一感染症でなくても、インターフェロンは「百利あって一害なし」←造語


2010年07月28日 (水) | 編集 |
今日の昼過ぎからは一軒の飼い主さんのお宅のワンズ3頭の鎮静下処置。
3頭いっぺんにお預かりして、順番に処置でした。

老ワンの口腔処置+仔犬の処置×2。一ヶ月半の子でめんこい、めんこい!

仔犬ちゃん達は、イレギュラー的な疾患で「なるべく鎮静下で処置した
方が良い」という決定の元、処置いたしました。

飼い主さんの負担(金銭的)を考慮してなるべく安く、しかし確実にと。

早く迎えに来てくれるといいけど、お仕事でお迎えがちょっこし遅くなる
ようです。もう少し待とうね~。

2010年07月27日 (火) | 編集 |
DSC03103.jpg

歩様がおかしいとか、脚を挙げているとか、ひきずっているとか
の脚(動物の場合は前脚も)の運動機能に異常が認められるよう
な事象を「跛行(はこう)」といいます。

※ びっこ というのは差別用語に分類され、使用には十分な注意
  が必要です。

今日の跛行のチビニャンは生後2カ月ちょいのやんちゃざかり。
他に同じ年頃のチビにゃんも2頭いるので大騒ぎとのこと。。

朝から「前脚をひきずったような感じ」ということで急きょ来院。

患脚を良く触診、前脚だけでの歩様テストでも、それほど酷い跛行
を認めず、ですが、「念のためにレントゲン撮影してもよろしいですか」
と了承を得て、撮影診断。

もちろん、まだ関節が出来上がっていない(成長板も未閉鎖)ですが、
それらも含めて問題はなし!

(この頃の時期は各成長板の離開骨折も多いので油断はなりません。)

「骨が折れていれば、まったく脚を着地できないことが多い」事をお話
すると、「そうですよね!今度からはそういうのを指標とします~(笑)」。

とってもニャンコを可愛がってくれている素敵なご家族です。

※画像の上の方の「肩関節」の上方向にある、米粒大(この画像では)の
 「点」は「鎖骨の名残」です。
 ニャンコは鎖骨が退化していますので「名残」として存在しています。
 何の役目ももっていない飾りみたいなものです。 豆知識(爆)。


2010年07月26日 (月) | 編集 |
小学生の頃の学校での集団予防接種時、列に並んでいて、いざ接種直前
になるとすっごく緊張していたのを覚えています。

なんかんだいっても針の痛みはありますよね。

今回はごく一般的な犬猫さんの「注射」の仕方についてのお話です。
皮下注射、筋肉注射、静脈注射、どうやったらなるべく「痛み」を
少なくしてあげられるか。。。

1、刺したら針を動かさない。
  皮下や筋肉の場合、「針を動かす」ことはまず無いのですが、
  静脈注射や採血の場合、針で血管を探すことがあります。。
  あれは痛い。。
  ただ、どうしても、稀に「探す」ことをしなければならないこと
  があります。ごめんね(大汗)。。。

2、バイアルやアンプルから薬剤を吸い取る針と、実際に注射する針
  は別々にする。
  医学的にも、衛生的にも、バイアルのゴムに針を刺し、液体をシリ
  ンジに吸引し、そのままの針で生体に注射することは問題はありま
  せん。
  しかし、一度バイアルのゴムなどを貫通させた針は、「切れ」が悪く
  なります。
最近のバイアルゴムはだいぶ改良され、質の良いものを使
  っている薬剤メーカーも多いですが、それでも、、、です。
  「切れが悪くなると」本来なら生体にすっと入るのが、「ずず」っとな感じで
  入るのがわかります。抵抗が増すということは「痛い」ということです。

3、必要以上に深く刺さない。極力、細い針(細すぎると、注射時間が長く
  なりすぎて逆に痛みを伴うことも考慮にいれて)を使用する。

およそ、この3点ではないかと思っています。

当たり前じゃん!!と思っている方も多いですが、特に2に関しては全く
無頓着の先生も多いようです。コスト(針を二倍使うので)の問題もある
ようですが。。。


2のように針を変えて注射してあげると、「れ?」「痛みって何?」と思う
ほど、患者さんの苦痛は消えるようです。

「先生、犬(猫)って注射痛くないんですか??」とびっくりなさる飼い主
さんには(特に、痛みに敏感なはずのニャンコの皮下注射などでまっ
たく平気でいるニャンコを見て)、、、、、

「上手な人が注射すると痛くないんですよ」とお答えしています(爆)











2010年07月23日 (金) | 編集 |
今日の手術のニャンコの飼い主さんはニャンコを飼うのは初めて。
2-3日前に直接クリニックを訪問した際に、「安全な移動方法」
として洗濯ネット(チャック付き)をお貸ししました。


「これ(ネット)にきちんと入れることができれば、バッグか
段ボールにでも入れて来てくだされば。。。」というアドバイス
を差し上げました。

で、午前中、ニャンコちゃん来院。
お貸しした洗濯ネットにちゃんと入ってはいましたが、バッグや段
ボールではなく「レジ袋」(スーパーでくれるやつ)に入ってきました。。。。
エコバッグとかではなくて、昔ながらの「ポリ袋」

洗濯ネット被っていても、暴れる子ならレジ袋は破れてしまうは
ずだけど、おとなしくしていたようです。 めんこい奴じゃ!

ごく近所の方でしたので事なきを得ましたが、ちょっち危険でした。

当のニャンコはすっかり麻酔も覚めて、布団を畳んで帰る準備をして
います(笑)
が帰りはどうやって帰る??レジ袋入る??


2010年07月23日 (金) | 編集 |
昨日は「やや寒い」程度で過ごしやすかったけど、今日は35度だそう
だ。朝からセミは鳴いてるし、日差しはカンカン。

ま、「夏は暑いもんだ」と割り切っていきましょうか!

さて、今日は猫不妊手術が一件予定されている程度で、診療はこの
暑さで暇暇の予定(爆)。

明日は午前診療+遠く(広尾町)へ往診予定。

ここ1~2カ月、広尾町のとある飼い主さんの老レトリバーちゃんを
週一回のペースで往診治療しています(土曜日の昼過ぎに行くことが
多い)。

「最近、週一回、広尾町へ往診に来てるようだ」ということが口コミで
広がりつつ?あり、同町の方からの往診依頼が増えてきています。

利便性を考える(往復2時間!)と、飼い主さん側からみて、往診
してくれるとなるとやはり便利で都合がいい(よほど重体でなければ)ので、
毎週土曜日の往診を、こちらから積極的にアピールしてみようかとも考え
ています。


でも、完全にそう設定してしまうと、土曜日の手術予定が組めなくなる
から、やっぱりルーチンは無理でケースバイケースか。。。




2010年07月22日 (木) | 編集 |
昨日のブログ記事で母校の話がでましたので、記憶をたどりなが
ら(笑)、獣医学生の事を書きます。

大学に入ると、「一般教養」として、英語、ドイツ語、数学、哲学
などを学ぶと同時に、

外科学、内科学、繁殖学、生理学、病理学、伝染病学、微生物学、
寄生虫学、解剖学、放射線学、薬理学、生化学、実験動物学、
公衆衛生学、 を学び始めます。


講義や実習で、他系の学生と違い、あまり「遊ぶ」暇はないと思い
ます。。解剖実習やら、細菌同定(顕微鏡)、病理診断(顕微鏡)
やら、手術実習やら、夜遅くまでかかることもしゅっちゅうでした。

5年次が最も講義や実習で忙しい大変な学年です。

5年進級時に、全員、「研究室」へ配属されます。希望制ですが
希望に洩れる場合もあります。
上記の各学問がほぼそのまま、研究室名となります、例えば

獣医外科学教室(私の所属研究室)

教授、准教授、講師、助手、そして10~20人の学生で構成される
組織です。

学生たちは、上記の授業以外に、その研究室の研究の補助をしたり
臨床科であれば、診療や手術のお手伝いをします。


6年生になると、自分個人または共同研究として(論文発表は個人)
「卒業論文」の研究に入ります。もちろん、授業があります。

春から秋にかけて、就職活動で内定をもらったり、公務員試験で内定を
受けたりします。

卒業論文の発表会は9月ごろ。
これが終わると、正規授業がぐっと減り、「補講」といって、国家試験
対策の授業がありますが、これらは自由参加ですので、このころの学生
は、「研究室のお手伝いをしながら、自宅や研究室や図書館で「自学」
をするのが専ら(もっぱら)となります。

国家試験対策の勉強会が所属する研究室単位で開催され、自分の所属以外
の勉強会に参加したりする学生もいますが、そういった勉強会に参加せず
とにかく「籠もる」学生も多かったようです。

で、明けて3月の国家試験、合格発表、卒業式、引っ越し、とあわただしく、仲間達
は全国各地へ旅立って行きます。

同期の学生で、母校の教授になった(現在は講座が細分化され凄く多くなって
ますが)者が2名おります。2人とも、学生時代から良く勉強していた優秀な
友人でした。流石です。

私も、もうひとがんばりせねば~!!


2010年07月21日 (水) | 編集 |
【江別】20日午前8時30分ごろ、江別市文京台東町のアパート敷地内に、
猫5匹の死骸(しがい)があるのを付近の住民が見つけ、江別署に届け出た。
虐待された形跡があることから、同署は動物愛護法違反の疑いで調べている。

同署の調べでは、5匹はいずれも子猫で体長29センチ。うち1匹は頭部が
陥没し、別の1匹は上半身が切断されていた。3匹は外傷はないが、口から
血を流していたといい、毒物を飲まされた可能性もあり、死因を調べている。
死骸は約2メートル四方の範囲にあった。

現場は民家やアパート、マンションが多い住宅街。




北海道江別市 札幌市のお隣で、我、母校の酪農学園大学がある市。
しかも、事件の住所の「文京台」は多くの酪農学園大学の学生の住む
アパートが多い「学生街」。(近くの「札幌学院大学」などの学生も
多い)。

大学6年生の後半、国家試験の勉強中に自分の勉強がひと段落すると、
休憩がてら文京台の友人のアパートに夜な夜な押しかけ友人の勉強を
邪魔したものです。懐かしいなああ。。
※邪魔したのではなく、問題を出し合って勉強していたのです(笑)

しかし、獣医学科の学生も多く住む一角でこのような事件が起きるとは。。。
合掌









2010年07月20日 (火) | 編集 |
予想33度だそうだ。この十勝地方だけが北海道で酷暑なんて、、、。

ずるいぞ!この地区は日本で一、二を争う(笑)極寒の地域
でもあるのに~。。

その温度差は50度以上。。。なんてこったい(笑)、、、。

某日某所ではじめて3D映画を見る。映像美に感動、ストーリーに感動。
大人がみるべき映画かもしれん。 トイ ストーリー3 

絶対絶命の窮地に陥った時のみんなの顔が目に焼き付いて、、、是非!

さて、今日は600グラムのチビニャンの頸部損傷の修復手術。
頸静脈や食道などが丸見えになるほどの損傷ですが、幸いにも
致命傷には至らかったのですが、酷く化膿しています。。。
アクシデントによる「縛創」ですが、反対側にも壊死病巣が現れ、
ちと厄介です。がんばれ~。


※以下の画像をみると気分を害す方もいるかと思いますが、「縛創」
 がどんな状態になってしまうかなどを知っていただくためにあえ
 てアップいたします。。。

DSC03099.jpg
この状態から30分ほどけかけて慎重に壊死組織を針の頭程度
づつ摘んで除去
すると


下の画像のようになりましたが、おなじような病巣が反対側にも、、、
画像でみると浅く見えますが、かなり深いです。。。
頑張れ600グラム!!
DSC03100.jpg





2010年07月18日 (日) | 編集 |
今日は午前中数件診療して昼過ぎに帯広へ。

息子の部活動の「慰労会」ということで某所で会食件会議、、
の予定でしたが、某所へ着いた途端、電話がなり、「猫が
朝からぐったりして、、、」ということで急遽、村へ戻り
ました。(片道約40分)。

外猫(牛舎猫さん)は、発見が遅れ手遅れになるケース(肺炎
や尿道閉塞など)も多いのですが、今回は、ただの「夏バテ」???

体温上昇もなく、レントゲンでも特に問題なく、重大な事態
になる可能性は極めて低いと思われます。よかったよかった!


2010年07月16日 (金) | 編集 |
小さな命が呼ぶとき
       ↑
     クリック

EXTRAORDINARY MEASURES 非常手段

昨日何気にのんきにテレビみていたら、「凄い」内容の実話が紹介され
ていて、映画になったそうだ。しかもハリソンフォード出演で。

邦題とはかけ離れたそっけない原題ですが、原題の方が緊張感が伝わ
ってくる。

難病の姉弟のために、奔走する家族たち。

「パパ、お薬 作って。。。」  うえ~ん。。。

アメリカの「能力が収入に直結するビジネス社会」だからこそ
のお話(日本ではまず不可能)ですが、、、、。

見に行きたいけど、北海道は札幌だけかあ。。。



2010年07月15日 (木) | 編集 |
猫不妊手術創の癒合不全はおそらくほんの片手で数えるほど
しかありませんでした。約1000例中3例程度ではないかと。。。
だが、ここ半年間に2例たてつづけに起きてしまった(大汗)。

化膿は一切してないけど、創の一部分が「離開」している状態。

しかも同じ飼い主さん。。
しかも同じ牛舎猫さん。。(大汗)。。。

当クリニックの猫不妊の皮膚縫合はステンレス糸で縫合し、強力
な絆創膏で創を保護して、「創は舐めても大丈夫な縫合していま
す」と説明しています。

おおよそ3日間ほど絆創膏が持ってくれれば良いと思っています
し、一日目で剥がれてしまっても、「まず、問題なし」です。

が、このような縫合はもしかしら「牛舎猫さん」には通用しない
可能性がある!!ということなのかもしれません。。。

で、前回の手術から、牛舎猫さんの縫合法に改良を加えてみまし
た。

ステンレス線による単純縫合(緩め)に、ナイロンによるマットレス縫合を
加えてみました。


結果は良いようです。

あくまで、創がもろ見えになることを前提とした縫合では、今後、
牛舎猫さんではこの縫合法で行きます。
2010年07月14日 (水) | 編集 |
今日、開院前から待っていてくださった飼い主さん。
15歳の外ワン 長い毛に隠れてわからなかったとの
ことですが、片方の睾丸と思われる物体(汗)が
巨大化して砲丸競技の砲丸大になって、一部自壊で
うっじー君が~。。

おそらくセルトリ細胞腫だと思うのですが、陰嚢ヘル
ニア(腹腔臓器が陰嚢へさがってくる)の可能性も考
慮にいれて、お昼に手術予定です。

ちょっち凶暴な子ですので、いったんお帰りいただい
てお昼ちょうどめがけて再度来てもらっての段取りと
なります。(飼い主さん以外抑えられないので)。
お隣の村の方(近く)で良かった~。。。

長い毛をもつ外ワンは今回のように腫瘍や外傷が判らな
いことも多いようです。日ごろから良く触ってあげて
くださいね。。。


2010年07月13日 (火) | 編集 |
昨日の当ブログ記事も看護師さんの話がでましたが、、

今日も小ネタを(汗)

今、働く女性の10人に2人は「看護師」さんなのだそうです。
え~!!そんなにですか~??と思われる方も多いと思いま
すが、実際そうなんだそうです。

それでも、国の定める看護報酬(患者何人に対し看護師配置数が決められて)
うんぬんで、慢性的に看護師さんは不足しているようです。
ほぼ、夜勤というシフトをこなさなければならない大変な職業です。
(看護師さんは比較的いい給料をもらっているというイメージがありますが
 実際は、この「夜勤」回数による夜勤手当がないとやっていけないようです。。)

ひめゆり学徒隊、、、、

15歳~17歳の少女達が学務の延長だと思って、「従軍看護の助手」として従軍す。
きっと帰れると思って、学用品(鉛筆、ノートなど)なども持っていったとのこ
と。しかし、沖縄戦の戦局が悪化し、敗戦確実となると、軍から「解散命令」が
発令す。つまり、「軍は後のことは知らん、逃げるなり、自決するなり勝手にし
てくれ」ということ。
「鉄の暴風」と呼ばれる沖縄戦の中、ほおり出されて、途方にくれる少女達。
頼る大人さえもみな混乱して、わけがわからない状態。

解散命令が出た時点では、ひめゆりの生徒さん達はほぼ、全員、生存していた
のそうです。その後、沖縄戦が終息するまでの5日間に、数人を残して216名
の尊い命が失われました。
壕から壕へのたらい回し、軍人からの圧力、洗脳教育からの自決などなど。。。

沖縄戦の酷さは、軍と、民間人が完全に混じってしまい、アメリカ軍も区別して
攻撃することができず、多くの民間人を巻き込んでしまったことにあるそうです。
決して無差別攻撃ではなく。

この、5日間の間に、良識ある大人が、「投降」をよしとして、彼女らを救って
いたなら、、、(解散命令から終息までたったの5日間だったそうです)


是非、できることなら、実際に沖縄の資料館訪れてみたいと思っています。。。
彼女らの夢のかけらに出会えるかもしれませんね。。。
彼女らの遺品のノートには夢がいっぱいつまっていたのでしょうね。。。

「夢の蕾」 レミオロメン 映画「感染列島」主題歌 聞きたくなりました(テレ)。






2010年07月12日 (月) | 編集 |
今日は未明から土砂降り状態で、雨脚は弱まったもののずっと雨
らしい。

ということは、今日も劇暇というわけで、先ほど朝イチで3件ほど
診た後は来院患者さんなし(大汗)

さて、昨日の選挙、、

政治や選挙にはぜ~んぜん詳しくもないし、興味も関心も「人並み」程度
ですので、「さっぱりわからない」ことを前提に、、、、、

※今回の政治ネタ?についての質問ご意見は勘弁してください。

今回の参議院選挙、参議院議員の全員が改選で総選挙ってわけじゃないん
ですねえ。。。非改選の参議院の議員が民主党で70人ほどいるとか。。。
?????

そして、その結果、、民主党の惨敗だとか、やれ、惨敗の原因は消費税問題
だとか、沖縄問題だとか、マニフェストの不履行だとか、、、

「国民は、自民党を再び期待している」とか???

腐った自民党政治から脱却しようとして、無理なマニフェストを掲げて、半分
国民を騙しながらなんとか、ここ一年?やってきた民主党ですが、たった一年
で、結果を出せ!だめならまた政権交代だ!っていうのは、、、、、、、
民主党のマニフェスト実行の結果はまったくダメダメではなかったでしょう?

国民がバカなのか?

あれだけ、自民党政治を批判して、「チェンジ」して、期待して、それが、たった
一年やってみて、「なんだ~、やっぱだめじゃん!」って烙印押されて、元のもく
あみですか~???

商売でもなんでも、たった一年やそこらで結果でるものでもない。

民主党に翻弄されたというより、「政党がばかな国民に翻弄されている」感じて
いると思うのは私だけか??

自民党政権が何年やってきた?

年数は判らんが、あと数年、しっかりと政治をやれる基盤を我々国民が作って
やらんとダメちゃうの?

あっちへふらふらこっちへふらふら。。。そんな国民救いたいか?

救うなら、、、

裸同然の8歳の女の子がアスベストや有毒ガスが漂うスモーキーマウンテン
でごみ拾いして一日200円の収入を得て、家族8人の一日の食事をその200円
でやりくりしている。勉強はしたいが学校なんて行きたくても行けない。。
その子の収入がなければ、家族は一日何も食べれない。
家族みんな病弱だがもちろん医療なんて受けれない。

その女の子も、そういう悪い土壌地区に住んでいるので、長く生きられない。
彼女にも夢がある。「看護師さんになりたい!

が、その夢が叶うことは100パーセント無い。。。

すぐ近くの東南アジアでのお話。

8歳の女の子だぞ。。。

他国の政治に干渉は出来ないが、援助はできるはず。

選挙そのものに何億円もかけて選挙ショーやるなら、一人の8歳の女の
子救ってください。どうかお願いします。




2010年07月09日 (金) | 編集 |
DSC03097.jpg


明日、土曜日(日、祝日も)は予約診療の日。

午前中診療して、11時からワンのちょっとした手術が2件、
その後遠くへ往診と、平日よりパタパタしそうです。

あ、先日の保護ニャンコはすっかり回復しました(^^)。
まだ、どことなく「のら」っぽい顔立ちですが美人になる
ことでしょう。良かったね~保護してくれた方が飼ってく
れることになって~。
2010年07月08日 (木) | 編集 |
先日の中学校の学年キャンプは雨にたたられ楽しみ半減だった
ようで、今度は明日の小学校の学年キャンプもどうやら雨模様。

開催場所は小学校のグラウンドなので、大雨なら、みんなで
体育館で寝るようだ。雨の中でのテントは辛いからねえ。。

晴れるといいね~。

さて、今日は、酪農家さんちの外犬君の去勢手術。とってもかしこい
ワンで、自分とこの牛を野生動物からがっちりガードするのだそうで
す。キツネの侵入など絶対に許さないよう常に監視しているそうです。
偉いぞ!

ただし、牛の獣医さんからも牛を守るらしく、獣医さんはいつも吠えら
れ、ちょっこし(ゲゲ風)困っているらしい。

使命感に燃えるワンですが、過剰な?男っ気を減少させる意味もあ
って(他に♀ワンもいるので)の手術依頼です。


2010年07月07日 (水) | 編集 |
別に大きな出来事ではないのですが、「ちびニャンフリーク」としては
話題としてあげなければ(大汗)、、

今日、保護された、ちびニャン、推定1.5カ月、痩せて、タール便が酷い
ものの全身状態はさほど悪くないようです。

先住ニャンが居る方なので、とりあえず隔離が必要ということで、初期
治療だけして、2-3日、クリニックで一日900円で(笑)で経過観察する
ことになりました。

さて、今日は手術の予定が無いので、昼はお隣の中札内村へ2件ほど往診
へ行ってきます。あ、明日は往診で車で片道1時間の広尾町へ行かねばな
らないかな~。。。


2010年07月06日 (火) | 編集 |
今日の予定手術は、中大型ワン(コリー)の

両側腹腔内停留精巣

もうすぐ一歳の子です。

腹腔内停留精巣の場合、早期の方が摘出(探査)しやすいようです。

【追記】

DSC03087.jpg

先ほど無事終わりました。この上にテーピング(陰茎は避けて)するだけ
でエリカラーは着けない予定です。
創を多少は舐められても大丈夫のような縫合を選択しています(創面を糸が
跨がない縫合)。案外、大丈夫なものです。






2010年07月05日 (月) | 編集 |
3月6日

3月6日のブログ記事の「上腕骨骨折手術後、7日間無料入院」して
帰っていっためんこい牛舎ニャンコ。。

今日、飼い主さんが別のニャンコを不妊手術につれてきたのですが、、
なんと、あのニャンコ(画像の)は、ほどなくして、道路に飛び出て
星になってしまったとのこと。。。

またそのうち来る(受診する)の待ってたんよ!!
あれだけ元気になっていながら、勝手に逝くな!ばかたれ~!!(涙)
事故の時、なんでこのおっさんに言わんかった??(涙)
そんな暇もなかったんか?
苦しくなかったか?

今はどうだい?みんなと走って遊んでるかい?

2010年07月05日 (月) | 編集 |
DSC03086.jpg

チップを2.5㏄シリンジに装着した状態

もうかれこれ6年ほど使用している、雄猫尿道閉塞時解除用チップ。
USA製で完全輸入もの。。

6年前に獣医学雑誌の「医療機器代理店の広告」に出ていて、「おお、
これだ~!!」と思って即3セット購入、たしか、1セットは友人に
譲ったはずです。

先端がオープンエンドで、絶妙な形状をしているので、尿道内腔に
フィットして、フラッシュソリューションの逆流が少ないので、カテ
を使ってフラッシュするより、非常に楽に処置ができます。

尿道口先端部のプラグ解除の際も、金属なので腰が強いので、プラグ
自体をコリコリ押しながらフラッシュできます。

長いのと短いのがセットになっていて、閉塞部位に応じて使い分けでき
ます。

最大の特徴は、「鎮静下でない状態で飼い主さんにニャンコを抑えても
らって、処置が獣医師一人の完全単独で処置が楽にできる」ことです。

オープンエンドのカテーテルでのフラッシュは、カテに長さがあるため
処置者一人ではまず処置不可能ですが(無鎮静で)、このチップを使用
すれば、一人で可能です。


2010年07月05日 (月) | 編集 |
どうしても外せない用事があったので、土曜日は11時に更別を出て、
浦河へ。日帰りして、また翌日の日曜日は浦河へ。。

と土日で二往復。往復で3時間かかりますので、走行6時間。。

浦河から更別(十勝)までは、「天馬街道」と呼ばれる、森の
峠越えがあり、うっそうとした森林地域を走りますので、夏の虫
さんの季節もあり、車にあたる虫の数はそれはそれはヒドイもの。
虫のシャワーです。。。

土曜日、出かける前には、にれの木動物病院の先生に二次診療
をお願いし(手術が無事おわったそうで、ありがとうございました!)、

帰ってきたら、また別の診療と、気ぜわしい2日間でした。



2010年07月02日 (金) | 編集 |
DSC03085.jpg
まったく着けないほどの痛み。踵部が腫れてガチガチ硬結状態。
(左隅付近の像は私の左手です)

後脚の踵(かかと)部の関節炎のような皮下膿瘍のような。。。
波動感はないが、レントゲンでは、炎症産物の貯留が内部
(関節の外)に見える。。。


体温は40度近くに上がっているので、「膿瘍」か「細菌性
関節炎(関節腔内部)」か・・・。

細菌性関節炎だとすると、治療も長くかかるし、ちと厄介
な疾患。

上記の類症鑑別がはっきりできないので、2-3日入院治療
してみて、膿瘍なら切開するなどのフレックス対応を了承
いただき、診断的治療として一日1900円で入院加療

で、、、

あっと言う間(1日半)で、腫れも無くなり、負重もオッケー
になってきました。

細菌性関節炎ではなく、膿瘍(膿がたまる)でもなかったよう
です。

取り越し苦労でよかったです。

まだ、一歳にならないめんこいニャン子で返すのが惜しい(笑)の
ですが、ニャオニャオと飼い主さんを恋しがっていますので、
本日、昼に自宅へお送りしてきます。


2010年07月01日 (木) | 編集 |
ペットとして飼っている山羊の具合がすこぶる悪い。。。
とのことで、往診で診察治療に昨日の夕方、隣村へ。

閑静な住宅街のステキなおうちの庭に山羊が、、、。

飼い主さんが、診察、治療時に、「保定」できるかどうか
治療できるか否かが決まるのですが、「大分衰弱している」
とのことで、「おそらく診察、治療可能」と思い、往診を受け
ました。

で、状態は、、、だいぶ弱っているものの、体重と力もあって
飼い主さん保定するが大変でしたが、なんとか、頚静脈からの
輸液
+抗生剤などの注射を終えることができました。
御苦労さまでした。

状況的には、かなり厳しいものと推察します。。。