FC2ブログ
★ どんぐり村の動物病院 S.PET.CLINIC の日常や記事  ★ 正真正銘の「村」の小さなクリニックから発信 ★ 検索フォームで過去記事のキーワード検索もできますよ!  平日9-12、15-18  【土日祝日要電話】
2010年05月06日 (木) | 編集 |
DSC03061.jpg


「足?が出てきたんですよ、先生~。。」ということで老齢の
ビーグルちゃん。

急激に大きくなるような腫瘍は栄養血管が太く、その箇所のメイン
の静脈からバイパスされていることが多く
、見た目より難易度は
高い(っていっても大そうなレベルではないですが、、、)ことが
多いです。

今回も、はてさてどうかな?と思って手術に臨みましたが、太い静脈は
干渉していなかったです。ただし、切除面のすぐ下に動脈がぴくぴくと
脈うっていましたので、うっかりあと数ミリ大胆に切除していたら、大
出血ということでした(汗)。

術後、テーピングして、遠方からの来院ということで、麻酔が半覚醒のまま、車に横たわり、先ほど、帰路につきました。

抜糸には往診で片道一時間半かけていくからね~。
スポンサーサイト



2010年05月06日 (木) | 編集 |
連休ど真ん中の一昨日の夜8時過ぎ、近くの宿泊施設に泊まられている札幌の
旅行者ご家族のワンが「急な痙攣発作」ということで、受診さ
れました。

旅行中だし、かかりつけの病院も札幌だし、このような痙攣は
初めてということで、ご家族全員、慌ててしまい、携帯電話
数台を使って、あちこち(帯広市内)の病院へ電話を一生懸命
かけましたが、「不在」「今旅行中」「診療できない」「他
の病院を紹介しますが、休日時間外診療がかなり高いですよ」
などと、なぜか、良い対応の病院がなかったようです。

当クリニックも携帯への転送電話に、「痙攣が、、」という
メッセージが残されていましたので、折り返し電話すると、
みんなで一生懸命、電話している(札幌のかかりつけの先生
など)最中でした。

なんとか、その後、受診されましたが、当のワンはすっかり痙攣
がおさまった様子です。

既往歴として、脊椎疾患や、軽い脳圧異常があったようで、、今回
は体温その他異常なしということで、「てんかん」発作と仮診断し
以後要観察ということで御帰りになられました。

今回は、もちろん、初診ですが、旅行中ということで初診料は頂かず
、費用のかかる検査も無しでしたので、抗炎症剤の注射+診察のみ、
ご家族で大変な思いをしたということで時間外診療費用も頂かず、
会計1900円でした。

休日時間外しかも夜間診療 きっちりとる病院なら、いくらぐらい
費用がかかるかはご想像にお任せいたします(汗)。