FC2ブログ
★ どんぐり村の動物病院 S.PET.CLINIC の日常や記事  ★ 正真正銘の「村」の小さなクリニックから発信 ★ 検索フォームで過去記事のキーワード検索もできますよ!  平日9-12、15-18  【土日祝日要電話】
2010年01月30日 (土) | 編集 |
CA340026-2.jpg
CA340027-2.jpg

いつものように予約診療日です。

2-3件診療と退院一件の予定です。

画像は昨日の夜の「猫の耳血腫」の手術です。

ちなみに誰でもやれる手術で特別な技量は必要あり
ません。切開創は半開放になってます。

※ワンのように包帯などは巻きません。

安易に携帯で撮ったらピンボケでした~。

スポンサーサイト



2010年01月29日 (金) | 編集 |
垂れ耳のワンに多い、「耳血腫」ですが、耳がピンとたっている
ニャンコ(ふつうはそうですね)でも発症頻度は意外と少なく
ありません。

耳ダニがいて「痒くて痒くて」耳介部を損傷したり、原因不明
でなってしまいます(汗)。

治療は「吸引して、ステロイド注入」「高用量ステロイド内服」
「外科的切開縫合」があります。

今回は、「外科的切開縫合」を選択して、今日の夜オペ予定です。

エリザベスカラーが必須となりますが、治癒後変形が少なく
案外猫でもいける処置だと思っています。

何度も通院して「吸引+薬剤注入」するより、トータルで安価だと思って
おります。
2010年01月28日 (木) | 編集 |
現在夕方5時、この時間で完全に太陽が沈むようだ。夕焼けだったです。
ちょっと前の11月中旬ごろからずっと、「4時ちょいすぎで日没」だった
ので、だいぶ違ってきました。

で、もって、太陽の日照時間とおなじように、低迷する冬場のクリニック
収入も、長く(上向き)、上昇してほしいな~と思う今日この頃です。

以前の記事にも書きましたが、北海道の動物病院の冬場、特に、豪雪地域
とか超冷寒地域にある病院ははっきりいって収入がきついです。

あ、ウチは両方当てはまっている地域だ(大泣)。。。(笑)

しかも、

「さあ、やっと、春になって、さてこれから忙しいぞ~」と思うのは
「フィラリア予防駆除」が大きな収入源となる本州の病院であって、北海道
の病院はフィラリア予防での大きな収入は期待できません。。。

※北海道でのフィラリア症予防駆除の実施頭数はぐんぐん上がってきては
 います。

地道にやるしかないっす!!
2010年01月27日 (水) | 編集 |
かみそり2



バリカン→かみそりで「てい毛」

人医では、それほど、頭部以外は必要とされない「てい毛」ですが


たとえば、腹部正中開腹手術でも、よく刈れるバリカンのみで、
「てい毛」はしない
先生もおられます(皮膚炎や微細な皮膚損傷を
懸念して、、
)が、当クリニックでは、つるつるに「かみそりで剃る」
ことを実施しております。

かみそりを使用することには賛否両論あるようですが、「肉眼でなる
べく傷つけないように剃ることができる」のであれば、それが最良と
考えています。

術中の「毛による汚染、毛の創への侵入」のストレスに悩まされること
はなくなりますし、術後の創保護のテーピングしっかりできます。

かみそりは、医療用や一般市販品、いろんな種類、メーカー、タイプ
がありますが、多種使用してきて、、、、

上記画像のものが一番良いという、「毛ぞり歴15年」の結論が導きださ
れました(笑)。

他のタイプ、たとえば、やや薄い刃のものとか、「ガード」付きのもの
とか、、では、仕事効率が悪く、仕上げも満足できないです。

ふつうの市販品ですが、柄の部分を持ちやすいように折り曲げて、使っ
っています。これがないと、手術準備がうまく
いきません

2010年01月26日 (火) | 編集 |
11月後半から3月まで雪に閉ざされ、農作業ができないのが
当地方。

大規模農業の事業主の方がほとんどで、大型トラクター保有率
は全国一の更別村ですが冬場の農閉期でも、農家のみなさんは、
大きな倉庫でストック農産物の整理とか、なんだかんだでお仕事
はあるようです。

昨日の夜、診療時間終了間際に飛び込んできたニャンコは、
倉庫作業中にベルトコンベアに巻き込まれてしまったニャンコ。
幸い、骨、関節、重要な筋肉、腱、などは無事で、皮膚裂創と
圧迫障害だけのようです。

ただ、踵(かかと)付近が「大きくべろ~ん」と皮膚が、、、、。
複雑な形状な場所なので、毛剃り(かみそり)と
洗浄(水道水でじゃばじゃば)にやたらと時間がかかりました。


気をつけんとあかんよ~ ●●ちゃん!!
2010年01月25日 (月) | 編集 |
診療は暇だけど、今日は猫不妊手術が2件予定され、さらに
どうしても出かけないといけない用足しがあるので、昼はて
んやわんやになりそう。。。
往診も一件、延期してしまい、申し訳ないです。。

日差しの多い日がつづくせいか、すでに、ニャンコ発情の時期
のようです。発情時期の手術依頼は案外多いです(煩いから
ですね。。)

※ニャンコの発情ははかならずしも季節性は無いようですが
 やはり、気分の良い暖かい(日照時間が影響)春先から始ま
 る子が多いようです。

※ちなみに馬の発情は、完全に季節性のもので、日照時間に左右
 され、ちょうど、この(2月ごろ)時期から分娩と「交配」が
 はじまり、馬産地の獣医師は寝る間もないほど忙しくなる時期
 です。
2010年01月23日 (土) | 編集 |
だけど、予約はなし(泣)。

入院患者(前々回の雄ニャン尿道閉塞の子)のお世話。
尿道閉塞の栓塞解除後、2日目でカテーテルは除去し
昨日からは圧迫排尿もせず、試験的に猫砂をいれて自力
排尿をさせていますが、オッケーのようです。

予想より良い回復力で、食事オッケーになって、元気で
いるようです。まだあと5日間は、頻尿は大抵続きます
が、月曜日にはいったん、自宅に帰ってもらいましょう。

入院後5日で帰ることとなります。治療費も安いぞよ!
2010年01月22日 (金) | 編集 |
昨晩の全身麻酔による処置。

ダックス推定16歳、体脂肪ゼロでまさに骨と皮状態。

言い方悪いけど、「なぜこの状態で生存可能なの?」と
いう状態。心臓その他は安定しているが、、、

ただ、どうしても麻酔が必要な処置、、
原因はわかっているのでやらなければならない、、、
ただし、成功してもおそらく長くは生きられない、、

飼い主さんと十分に話し合って、処置することに決めました。

結果、麻酔の覚醒は大丈夫でしたが、その後5時間後に死亡
確認。。

さきほど、お帰りになられました。

状態を実際に見ない方にはお叱りを受けるかもしれませんが、
これでよかったのかもしれません。。

合掌
2010年01月21日 (木) | 編集 |
CA340024-2.jpg


のど詰まり 食道梗塞 食道栓塞 

17歳と高齢のワンの初診時画像です(1/18日)。

それほど発生率は多くない疾患ですが、リンゴ
や肉塊、ボール類などが多いようです。

多くは麻酔下で胃方向へ異物を推進させて、必要と
あらば胃切開します。にっちもさっちもいかない
場合は食道切開となります。

さて、昨日は猫不妊2件など、その他ぱたぱたして
忙しい一日でしたが、今日はうってかわって暇ですな~。
このギャップが嫌~。。。
2010年01月20日 (水) | 編集 |
昨日の診療、、

午後の診療時間終了15分前に電話で、「片道30分かかるのですが、
これから猫をみてください」とのこと。

う、夜6時からニャンコ不妊手術が入っていたのですが、まあ、手術
はそのあとだな。。。ということで。

膀胱破裂寸前のような「ぱんぱん、かっちかっち」の膀胱触診!
鎮静軽麻酔による処置+持続点滴処置。
尿道フラッシュしてカテーテルは通過したものの、予想どおり、「どす
赤黒い」尿多量貯留。


あれま~。。。

入院+通院で合計7日かかるとして、予想診療代金総合計4万円
以内で絶対やったげる!!(通院での費用含めて全部)
8万円なんぞ、冗談じゃない、自分だったら払えんぞ(汗)。
2010年01月19日 (火) | 編集 |
先日、アップルのアイフォン(iphone)を買ってみた(泣)

なぜ、(泣) かというと、、

自宅が「圏外」だったからどす。。
自宅から一歩でると、アンテナ1-2本立って、なんとか大丈夫
なんですが、一歩中へ入ると「圏外」なのです。。。

ということで、常に携帯としても持ち歩くことはできず、小さな
タブレットパソコン?としてとりあえず使用するしかありません。

こんなこともあろうかと?今までの携帯(au)は解約せず、新規で
アイフォンを買ったので、携帯が使えなくなる事態は回避できま
した。

PCと接続してアプリケーションをアイフォンに入れたり、ipodとし
ての機能などはもちろん可能です。

が、バッテリーの消費が半端じゃないですな~。まあ、あれだけ画面
がでかく、タッチパネルではさもあらんが、ちょっとアプリ使うと
半日持たないんじゃないかと思う。。。

ま、しょうがないので、今後は、自宅PCを無線LAN(Wi-Fi)にして
、電話機能以外のインターネット機能は確保しようかと思案中です。
2010年01月18日 (月) | 編集 |
生後6カ月のめんこい柴ワンでした(^^)。←卵巣子宮全摘

が、実は、この手術の裏には、当クリニックの隠された秘密
があったのです~。。。(どよどよ)

実はおそらく明け方から「水道管」が凍結しました(大汗)。
「シバレた!」のです。
ここ何年もどんなにマイナス20度以下になろうとも、「水抜き」
せず、ふつうにしていて、凍結させることはなかったので、油断
していました。。。

ですので、朝から昼すぎ、このワンの手術が終わるまでは、リザーブ
タンクの水でしのいでいました。トイレも行けなかったです(笑)。

水道使用不可の状態で診療、手術をしていたのです~(どよどよ)。

で、先ほど、業者さんに来ていただいて、ほどなく、開通しました。

今後は毎晩、「水抜き」しなければ!
2010年01月16日 (土) | 編集 |
今日は土曜日、いつものように予約診療日(緊急も可)。
午前中、4件ほど診て、昼はニャンコ去勢です。

ウチには雌ニャンしか居ないので、雄ニャンの筋肉とか
はあらためてけっこういけてるなあ~(笑)と思います。

この地方では寒さのせいか、外の「ドラネコ」タイプの
オスにゃんはまずいません。飼い猫でないと冬場は凍死
するからだと思います。

ですので、、ほっぺたバンバンの耳キレギレの目つきわる
~い猛者(ツワモノ)オスにゃんはめったに見ません。。。
そういうニャンコが実は大好きなんですが(汗)
皮下注射が入らないんだよね~、皮膚固くて(笑)。
2010年01月15日 (金) | 編集 |
今日の昼は片道40分の近隣町への2件の往診に行ってきます。
冬道だから片道1時間かな。。

内一件は、「治療効果が全く出ず、ほぼ急死したニャンコ」の
ご遺体を飼い主さんにお返しに行きます。
(お迎えの足(交通手段)がままならない飼い主さんなので)

うん、、最近、なんか多いですな、、死を看るのが、、、。

動物病院、いいことばっかり表示?しているけど、案外「死」に
直面することが多いものです。。
2010年01月14日 (木) | 編集 |
今日の昼は、療法食(犬肝臓疾患用、7.5キロ)と、お薬を届けに隣
まで行ってきました。
有名療法食のヒルズのl/d(エルディー)というのですが、飼い主さん渡
し価格が9800円(税込)です。普通の(笑)動物病院だとプラス1500円
ぐらいするようです(謎)。

にしてもやはり高い。。

当クリニックで最もでている療法食で「猫のPHコントロール2」の2キロ
タイプは、当院価格で税込3300円。←普通(笑)3900円だそうだ。。

にしてもやはり高い。。。

仕入値が高いので、こればかりはいたしかたないけど、ドライフードなぞ
大量生産だろうし、本当の原価やコストはそんなにしないんだろうな~。

飼い主さんに渡してもあまり利益が出ないこれら療法食、売値が高いので
「療法食が出るのが多いと病院収益があがったような錯覚に陥る」ことが
あります。このあたりは経営上、非常に危険なところです。
2010年01月13日 (水) | 編集 |
今朝の最低気温はマイナス8度程度と、「暖かい(笑)」
日中も久し振りにプラス気温になったようでけっこう雪
も溶けだしていた。まるで春先のようでした。
しかし、また明日あたりから荒天のようです(泣)。

クリニックのある商店街の道路の大規模排雪作業も終わり
ほんとすっきり道路ひろびろ、こんなに歩道も道路も広かっ
ったんだ~と見直しました(笑)

連休前後とひじょーに忙しかったのですが、今日は天候と
おなじくおだやか~な日です。
容態がよくない入院ワンに一日付き合っているような感じ(汗)

あ、昨晩、録画していた「コードブルー」見ました。
医療ものとしては興味深いけど、やっぱりガッキーはシビアな医師
役には向いてないな~と思う。どうも無理がある。難しい?専門用語
をひん発すればそれらしく見えるとかとはちょっと違う違和感が。。
あれ?めずらしく辛口批評してしまった(汗)。
2010年01月12日 (火) | 編集 |
Dead on arrival ( DOA 病院到着時死亡) とは正確には違うのだけど、、

先ほど、半ノラにゃんの「呼吸がおかしい」子が来院されました。
到着時、いかにも、呼吸が苦しそうで、「もがいて」いました。

すぐにレントゲン撮影、FCRでないものの、約3分で画像確認。
重度の胸腔内液体貯留による肺の圧迫、呼吸困難を確認。
すぐに、胸腔穿刺準備! そのたった3分の準備中に心肺停止。。。。
来院後たったの約8分の出来事でした。。(待ち時間もなし)。
ラインもとれんかったです。

成す術もなかったとのはこのこと。。合掌。

願わくば、だいぶ前から症状があったとのことでしたので、せめて
昨日にでも連絡してくれていればあるいは、、、、。
2010年01月09日 (土) | 編集 |
本日は土曜日ですので予約診療日です。
先日、今年の初手術は済ませたのですが、今日は今年初めての
「猫不妊」手術です。

一般的に動物病院で実施されている「予約手術」で最も件数の
多い範疇にある手術です。

村のクリニックである、小さな当院でも昨年は59件の猫不妊(雌)
の手術がありました。獣医師一人のちいさなクリニックとしては
まあ、そこそこやってる方ではないか?と思います。
(猫不妊通算執刀数は900件を超えます)

馴れた手術だからといって散漫にならず気を引き締めて、今年も
臨みたいと思います。
2010年01月08日 (金) | 編集 |
記録的な大雪の5日と6日そして、「みんなで除雪の7日」の魔の3日間
が過ぎ去り、この地方は十勝晴れ!

患者さんも今日は来院してくれ、朝からレントゲンなどフル稼働でした。
非常に状態の悪い患者さんの入院もあり、パタパタしてました。。。

どうか回復してくれますように。。。

※ なぜか、ワン同士の喧嘩創が連続2件あり、、
  一件は発情での三角関係がらみ、もう一件は大雪での脱走がらみ
 (雪で柵面を飛び越えやすくなった)でした。
2010年01月07日 (木) | 編集 |
この間の日曜日からはじまった福山さん主演の「竜馬伝」。
なかなかの高視聴率でスタートのようですね。

三菱財閥創始者の岩崎弥太郎の回想から始まる物語でした。
ちびっこ竜馬可愛かったですね~。
漫画の「お~い、竜馬!」を彷彿させましたね。←武田鉄也さん
原作の大ヒットコミックです。
精悍な若者に成長した竜馬が「いかに喧嘩のない世の中をつくれる
のか?」をテーマに時代を突き進む様子が描写されるようで楽しみ
です。「喧嘩は何にも生まんぜよ~」と劇中でも言ってましたね。

しかし、実際は、岩崎弥太郎とは小さいころから面識?交流があったわ
けではない(海援隊(亀山社中)の隊長と土佐藩出向の会計係の関係)
のに、いかにも、さもあらんエピソード描写、良いですな~。夢があり
ますね。「大嫌いだった!」なんて実は大好きでたまらなかった裏返し
(涙。。)

にしても、いつも思いだすのが、司馬遼太郎の「竜馬がゆく」の一巻の
プロローグと最終巻のエピローグ。。。

特にエピローグの、、、

    天に意志がある。としかこの若者の場合、思えない。
    天が、この国の歴史の混乱を収拾するためにこの若者
    を地上に下し、その使命が終わった時、惜しげもなく
    天へ召し返した。
    この夜、京の天は雨気が満ち、星がない。
    しかし時代は旋回している。 若者はその歴史の扉を
    その手で押し、そして未来へ押し開けた。


思うたびに泣けてきます。。

追記 土佐郷士仲間(後の土佐勤皇党志士)の岡田以蔵(のちの人斬り以蔵)
   ←劇中ではイケメンアイドルの佐藤建(さとうたける)
   と、秀才、近藤長次郎(まんじゅう屋)←劇中では大泉洋 
   の二方の最後も物哀しく、竜馬が側にいたなら絶対に死なせることなぞ
   なかったはずの二人、、、ネタばれですが、要チェックですよ(涙)。
2010年01月06日 (水) | 編集 |
0000183179-2.jpg


だいぶ、止みかけていますが、まだ若干降っています。

今朝までの積雪、当地方でおそらく40-60センチ強!
吹きだまり部は80センチほど!

画像はよそから拝借したものです(物差しがついて
いるのでわかりやすい)が、クリニックの近辺も
ちょうどこんな感じです。


重機で除雪して積み上げた雪がこんな風になっております。

やれやれです~。

2010年01月05日 (火) | 編集 |
当地方、現在積雪60センチほどあるのに、この三日間大荒れで
大雪警報
なそうな。。。おお泣き警報だな、こりゃ。。。
患者さんの足が遠のき、除雪に明け暮れ、車のスタックに注意
しなければならない日々が3日も続くと思うととっても気が重いです。。
冬眠しよかな(泣)。

あ、昨日の難手術は無事成功し、今日帰る予定です。
が、「大雪で迎えにいけない」。。なんてのもありえるぐらいの
天候です~。

では、腰と背筋を痛めないよう、がんばって除雪に励むとします
か!!
2010年01月04日 (月) | 編集 |
新しいイメージ2


今年最初の手術が夜の部で予定されました(+猫去勢も)。

老ワン(15歳)の睾丸腫瘍(自壊)。
片方のタマタマが腫瘍化(感染からなのかセルトリ細胞腫な
のかは不明)、硬結巨大化して、破れて、腐敗化しています。

触診、エコー、など してみましたが、鼠径部までガンガン
に固く
私の腕では、ちょいと難儀しそうです(大汗)。
皮膚と腫瘍が完全に癒着してマージンとるのも大変かな。。

睾丸腫瘍切除は何例も経験ありますが、今回のは案外、珍しい
パターンだと思います。

成功を祈ります(大汗)。←オイオイ!
2010年01月04日 (月) | 編集 |
あけましておめでとうございます!

当クリニックも今日から通常診療です。

元日から三賀日までの診療件数は5件と今年は
前年にくらべてかなり穏やかなお正月でした。

さてさて、今年はどんな年になるでしょうか。。

どうぞ、また一年よろしくお願いいたします!