FC2ブログ
★ どんぐり村の動物病院 S.PET.CLINIC ★ 正真正銘の「村」の小さなクリニックから発信 ★ 0155-52-3711 ★ 平日 9:00-11:30 14:30-17:30  【土日祝日要電話】
2009年11月30日 (月) | 編集 |
通常パート(時給)でスタッフを雇う場合、、
午前は何時から何時まで、午後は何時から何時まで。
トータル一日例えば6時間労働だとします。

そういう労働条件を前提に時給で働いているのに、、
「今日は暇だから帰っていいよ!」という雇用者が
けっこう多いようです。

暇だから時給出せないので、早く返して、時給を出さない
のだそうです。。。

働く側からみれば、「ええ~!!」でしょう。

それでも、いいなりになって「都合のいい労働力」にならざる
を得ない状況なのでしょうか。。。

人の医院のパート看護士さんでも実際あったようです。
生活かかっているのに、、、。
こういうのって労働基準法とかに抵触しないのかな???
スポンサーサイト



2009年11月28日 (土) | 編集 |
IMGP0741.jpg


本日は予約診療日(土、日、祝日)です。
一般診療が無かったので、ワン腫瘍切除を午前中に行い
さきほど終了しました。
14歳(体重14キロ)の心雑音(++)の高リスクの子でしたが、
麻酔維持も覚醒もオッケーでした。

男の子だし、妙な箇所にできる腫瘍ですね。。包皮も影響
受けてますので、ちょっと曲がるかな(汗)

皮下停留睾丸でもないですし、乳腺関与もなさそうです。
陰茎先端近くの皮下の組織が複雑でしたので、そちら側
由来の腫瘍なのかもしれません。太い栄養血管は鼠径
部付近からでていました。
2009年11月27日 (金) | 編集 |
土佐の高知の桂浜 ここに坂本竜馬の銅像が太平洋を見下ろす
ようにたっている、、ようです。。←写真や映像でしか見ていないので。。

大学生の頃、新撰組始末記や「竜馬がゆく」を読んで、竜馬像を必ず
見に桂浜に行く!と誓ったものの、その後結局いけずじまいでした。

この間の仁-JIN-で内野さんが歩いていた海岸は、絶対、桂浜のよう
な気がします。幾度となく映像でみたロケーションと同じだったように
思えます。 おそらくこだわりのドラマ作りゆえ、ロケにわざわざ行った
ものと思えます。

来年のNHK大河ドラマは福山雅治さん主演の「竜馬伝」とのこと、仁-JIN-
で再び竜馬にスポットがあたり、さらにまた来年も。。ということで、竜馬ファン
にとっては嬉しい年ですね。

「日本を洗濯いたし候」、、竜馬が姉の乙めさんに実際に送った手紙の一文だ
そうです。

果して、現在の政権民主党の方々、がんばってくれているようですが、どのよう
にうまく洗濯できるのでしょうか。
うごめく波はあの桂浜の荒波のようですがそれに立ち向かって撃破できるので
しょうか。。。
2009年11月26日 (木) | 編集 |
インターネットが普及するまえ、ネットでのコミュニュケーションの場
として「パソコン通信」という主にテキストだけの「会議室」がNIFTY
SERVE ニフティーサーブ でした。
さまざまなジャンルが「フォーラム」でわけられ、そのひとつに「動物
フォーラム」があり、その中の弱小だった「獣医師会議室」がのちに、
一フォーラムとして「FVET」「獣医師フォーラム」として発展していました。

その獣医師フォーラムの中に、「飼い主さんからの質問に多数の獣医師
が回答アドバイスする掲示板
」があり、ひとつの質問に、複数の獣医師の
意見が聞ける場とあって、その当時たいそう活発な意見交換がなされてい
ました。 縁あって、FVETのスタッフとして、その掲示板のボードリーダー
として、ご案内や、道案内、仲裁(獣医師どうし意見がわれて議論になる
ことも、、)などで飼い主さんのお世話をさせてもらっていました。

アクティブな先生もいらして、ほとんどの質問に先生方答えてくれるので
すが、時々、質問が質問に埋もれてしまって「放置」状態になってしまって
その質問をサルベージしたりとか案外忙しかったです(遠い目。。)

今でも、ネットの某獣医師掲示板などでもそのような掲示板が機能している
ようですが、、、、。

今回、当ブログの過去記事を見つけていただいて、「卵巣再生」の件で質問
をいただいている飼い主さんとお話させてもらっています。
顔が見えない、住んでいる地域もわからない飼い主さんですが、ニャンコを
思う気持ちがたくさん伝わってきて、昔のFVETを思いだしました。
うまくアドバイスできればいいのですが、、。
2009年11月25日 (水) | 編集 |
今日の昼の部でニャンコ不妊手術が予定されていたの
ですが、「捕まらなかった!!」ということで延期となり
ました。。外猫ちゃんではたまにある事です。。。

で、今日は昨日とうってかわってすっかり暇な一日とな
ってしまって、溜まった事務業務を処理する日となって
しまいました(泣)。

麻薬の使用量の申告の期限も迫っていたのでした。。
(いつもぎりぎりにならないと事務処理をしない悪い性格
な私。。)

いつも思うけど、事務業務や経営業務にノータッチで診療や手術
に没頭できればそれがいいなあ~。。
2009年11月24日 (火) | 編集 |
今日は太陽が暖かい一日でした(最高気温は10度ぐらい)。(笑)
今現在、夕焼けが見えてますので、明日も天気はよさそうです。
「根雪」となるドカ雪が降るまでの猶予はまだ少しありそうです。
しかし、日が短くなりました、夕方4時半で真っ暗ですから~。

大きな手術や処置はないものの、診療件数はそこそこあって、
忙しい今日でした。今晩は、自動現像機のメンテナンスをやります。
面倒だ~。早くFCRがほしい~。それは無理だ~(笑)。

仁-JIN-のお話
うう、大好きな洪庵先生、亡くなってしまいました。。武田さんに
とって昔の「竜馬」についで、はまり役、適役ではなかったかと、、。
南方せんせい~、もっと早く気づいてくれよおお。。せっかく結核
の特効薬(当時)のペニシリンがあったのだから!

「より良き未来をお作りなさい。誰もが笑って暮らせる平らかな世をお作りなさい」

歴史なんぞ変えても助けるべき人はたすけちゃえ~!!

次週は、竜馬にスポットがあたるエピソードらしい。。期待大!





2009年11月22日 (日) | 編集 |
昨日の雪は全く積りませんでした。でも気温は最高5度ほど
で寒い~。

さて、現在夕方五時半、先ほど電話で診療依頼、準急患で
患者さん待ちです。
本当は五時から帯広へ用足しにでようと思っていたの
ですが、、、、

ま、どうしても行かなければならない用事ではないので
ぜ~んぜんかまいませんよん!
2009年11月21日 (土) | 編集 |
それほど積りそうな雪ではないけど、さきほどから
雪が降ってきました。 

予報では今日は「一時雪」で明日以降一週間雪マークは無い
ので、まだ気持ちが楽です。
一度に60センチも降られると交通マヒしますから。。。
(除雪車が通らないと車が走れない)

さて、今日は予約診療日。
退院含めて数件診て、昼から犬不妊一件予定しています。
明日も予約があるので少し診療して、明後日は休めるかな?



2009年11月20日 (金) | 編集 |
うっかり酸素ボンベの残量を確認し忘れていて、大2本がカラで残るは
小ボンベ(予備)。。

急遽、酸素扱い業者に連絡するも、ちょうど回収日の月曜日は今回
祝日でお休みなので、木曜日に回収して、次の月曜日(30日)にボン
べ返却します。。とのことです。

現在、予備のボンベを使用中ですが、30日まで、持つかな???

酸素吸入を必要とする患者さんというのは意外と少ないもので、大抵
酸素消費は「吸入麻酔」で消費します。
あと数頭分かな。。

どうか、かぶりませんように(大汗)。。
本当に足りなさそうなら「ボンベ貸出し」も頼もうと思っています。
(実は遠い昔も同じミスをしてボンベ借りたことがありました。。)

本日(金曜)はダックスの不妊(卵巣子宮全摘出)+乳腺腫瘍切除があり、
明日はミックスワンの同じく卵巣子宮全摘が予定されています。
2009年11月19日 (木) | 編集 |
IMGP0624.jpg



今日は牛の獣医師さん(NOSAI)のお宅のニャンコの「尿道閉塞」
の治療がありました。

優しく、しっかりしてる獣医師さんで、診てもらってる牛さんも心強い
ことでしょう。

で、おかしかったのが(汗)、互いのユニフォーム!
診察台をはさんで、お互い似たような格好な飼い主さんと私。

私は昔のなごりで、カーキ色の半そでつなぎ服を「白衣」として通常
着用しています。

この地域のNOSAIの獣医師先生方も、最近では、紺色の半そでつなぎ
をユニフォームとしているようです。
昔(10-20年前)はNOSAIの先生は白衣着用がゼッタイで、普段着に
近い格好に白衣をはおっていたものですが、最近は実用性重視という
ことで半そでつなぎ(開襟えりの)が普及しているようです。

実は、これらの「開襟えり」の半そでつなぎを獣医師のユニフォームと
して日本で初めて輸入し、スタンダード化したのは、日高軽種馬農協
の診療部の獣医師チーム
なのです。

馬診療先進国のU.SAに何度も研修などに赴き、診療技術や知識を
導入した際に、ユニフォームも、U.S.Aの馬専門獣医師の服装を導入
したのでした。約20年も前の事です。

その後、日高地方から、「開襟えりの半そでつなぎ」が大動物の獣医師
のスタンダードなユニフォームとして広がっていったのでした。

※もちろん、NOSAI他でも白衣を着る、つなぎを着る、どちらでも自由です
 つなぎは「肩がこる」と敬遠する先生もおられるようです。


2009年11月18日 (水) | 編集 |
IMGP0739.jpg


入院スペースにある窓から見える青空。
画像ではくすんでみえますが、本当に今日はキレイ!

あの青空のように、点滴ニャンズよ!晴れろ~!

※ちょっとタイトルがあれで(汗)自分でも照れてしまったです(汗)。
2009年11月17日 (火) | 編集 |
IMGP0738.jpg

先ほど入院したニャンコ。体重480グラム(8月生まれ)。
FVR(猫伝染性鼻気管炎)様症状で、元気、食欲なし。
外猫ちゃんなのですが、一緒に居た兄弟?ニャンが
2日前に(おなじような症状だったらしいです)天国へ
いったのだそうです。。。

血液検査どうのこうのより、まずはインターフェロン+α
を注射し、消化管が大丈夫のようですので、経口補液
+保温しながら入院治療となりました。

現在のところ、経口補液でいけますが、嘔吐するようで
あれば、ライン確保して静脈輸液したいと思います。

補液(輸液、点滴)は、消化管がオッケー(ひどい下痢
 やひどい嘔吐がなければ)であれば、「口を使う」ことが
 ポイントです!


みんな心配してるぞ~。良くなれよ~!
チビニャンフリークのおじさんとしてもなんとしても助けるかんね!

あ、昨日の子もすこしづつ快方に向かっているようです(^^)。
2009年11月16日 (月) | 編集 |
IMGP0735.jpg


若ニャンが今朝から持続点滴入院です。
レントゲンにより、拡張した胃(ガス)と、大腸全域にねっとりとした
固めの腸内容物散在を認め、半閉塞状態のようです。


胃チューブでガスを抜き(沈静処置)、点滴(+薬剤)で経過観察として
います。

推定4か月の若ニャン、標準体重の半分程度の重さです。。
(経過が長い(患って日数が経過)ゆえの体重減少)

がんばれ~!!
2009年11月15日 (日) | 編集 |
IMGP0733.jpg
sonne-1030-8-4.jpg

上の画像は当院に届いてから撮影
下の画像はヤフオクでの画像

前の前のブログ記事での「処置用ライト(無影灯タイプ)」届きました。

はずれではなく「大当たり」でした。キャスター部、支柱部、シェード部
もすごくきれいで新品同様!

明るさもカタログでは27000LUXと少し暗めで心配でしたが、まったく
充分な明るさでした。
充分、使えます!←ほんとはもうちょっと背が高いと良かったのですが。
(照明中心最高位置170センチはちょっと低いかなと。。)

これで、6800円(+送料3400円)はいい買い物でした!

高額機器なんぞ導入できないので(汗)こんなちっぽけな機器でも
診療にばんばん使えるものを安く買えてとっても嬉しいです!!


2009年11月14日 (土) | 編集 |
今日も朝からずっととっても冷たい雨。雪に変わらないのが
不思議な雨です。

昨日、機器屋さんの営業の方がみえて、「デジタルレントゲン」
の「現像装置」のパンフを持ってきてくれました。

従来の「現像液」を使用した機械ではなく、イメージングプレート
というでっかいSDメモリーカードのような「カセッテ」を使用する
デジカメみたいなものです。(←おお、言い得て絶妙!!)

「当社従来品より大幅に値下げした新型タイプ」が発売されたの
こと。

価格は確かに安いように感じる(それでもSUV(クルマ)一台買える)。

この装置について、当ブログでも前に何度か書いていますが、ほしいの
は是非ほしい。。。しかし、5年リースを組めたとしても月5万以上の
リース料。。。微妙だ。。。

やはり、あと、2年は我慢だよね!今の自動現像機が壊れてしまえば局面
は変わるかもしれませんが、、、。

2009年11月13日 (金) | 編集 |
おとといの初雪(積雪5センチほど)から、ずっと最高気温が3度
とか5度で、一気に冬に突入。

うちの車は一台はスタッドレスに変えたけど、もう一台の旧
マーチはまだ夏タイヤ。
←タイヤがちっちゃいので自分でいつでも換装できる。

この地区の「しばれ」はまだまだ序の口!なんせ最低気温
マイナス15度はこれからざらになるのだ!

さむ~く、雪ふか~い地方。温暖な内地に比べると、冬は装備に
お金もかかる(冬用衣類、タイヤ、灯油などの暖房費)。。。。。
うちのような貧乏人にはちとキツイですなあ~。。

でも、いいとこもある!
「虫」がいないか「小さい」!!(笑)

昔から、虫と戯れてたので、クワガタ、カブト、カナブン、カミキリムシ
ゾウムシ、カマキリ、などはまったく平気なのですが、「害虫」に区分
される下記のような虫たちには絶対的にダメダメなのです。。

ゴキブリ、ゲジゲジ、ムカデ、ヤスデ、クモ(大)、なんかを見ると、
体がざわつきます。(あ、でもゴキちゃんはまだましかな?)

特に、ムカデかな~。。。一生見たくない生き物です。
あんなでかいのがぱっと電気つけた部屋の壁にはりついていた
ら絶対心臓止まると思う(汗)

というわけで、負け惜しみかもしれないけど、「害虫」がほぼ居ない
し、いたとしても「小さい」
地方なので、心臓には優しいです。あ、寒
暖の差のほうが心臓には悪いですね(爆)。
2009年11月12日 (木) | 編集 |
老齢ワンの急性腹症の緊急手術が先ほどありましたが、
力およばず、「術中死」でした。。。
申し訳ありませんでした。

発症の原因は不明ですが、十二指腸部位の腸穿孔による
「食さ(胃腸内容物)」の大量腹腔内流入による急性腹膜炎

腹腔内洗浄、部位特定はできましたが、、、、

ひどい腹部圧痛で、立ちっぱなしで座れないほどの痛み
の所見がありました。

本当に残念でした。。ごめんなさい。。
こういうシビアな状況で結果を出すのが腕の良い獣医師なんだろう
けど、力量が無いんだなきっと。。もう少し洗浄が早くできれば、
もう少し早く部位が特定ができていれば。。。。


2009年11月11日 (水) | 編集 |
sonne-1030-8-4.jpg

画像のような、エグザミネーションライト という、処置用の補助ライト。

前からタイプはこだわらず、つかえそうであれば中古でいいので(中古
しか買えない(汗))、探していました。

そしたら、今回、たまたま、ヤフオクで程度のよさそうなモノを発見!
しかも、思いのほか低価格で落札できちゃいました。ん円ですと!
新品なら、5-8万円ぐらいかな??けっこうするんだよね「医療用」と
つく商品はなんでも。。。

山田医療照明の、パントフォス(R)ハロゲン ニューゾンネスタンド車付
ていう商品なんですが、設計は古いけど、大ベストセラーで現在でも
カタログに載ってる商品です。
一見すごい時代遅れタイプにみえますが、最近、USAの医療ドラマ「ER」
のシーズン?でみかけましたよ!

これで、実機が来て、使えるようであれば、コストパフォーマンス最高
! ←で、あってくれればいいんだけど、はたして???

追記

「うちの猫、グレードⅣのパテラと診断されました。。」はちょっと
した間違いでして、正しくは、、「グレードⅣの膝蓋骨脱臼(PL)と診断
されました
」です。

膝蓋骨脱臼(PL)Patellar Luxation
は軽度から重度にかけてグレードⅠ~Ⅳまで区分されて
います。さらに詳しくいうと内側、外側にも分けられます。

ですので、「グレードⅣのパテラ(膝蓋骨)」というのは存在しません。
膝蓋骨脱臼を「パテラ」とも呼びません。
2009年11月11日 (水) | 編集 |
時々みかける4面格子の「小動物のケージのような」キャリーケージ。

このタイプのケージに「ちょっと神経質で攻撃的な」ニャンコをいれて
連れてくると、多くの場合、大変な目に遭遇します。

あたり4面、逃げる場所も隠れる場所もないケージの中で、神経は
高ぶり、恐怖は絶好調!

逃げ出すか、命がけの攻撃を仕掛けるか!

このタイプのケージは開口部も狭く、出し入れしにくいのが多いので
「大脱走」して院内かけめぐり、あっちこっちに尿をかけながら全力で
逃げまわったりすることもあります(大汗)。

今日、先ほどの患者さん(猫)は、「攻撃」タイプです。開口部から
飼い主さんが手をいれようとするものなら、全力で攻撃してきます。
元来、気性の荒い子らしいので、このケージの選択ミスもあります
が、今回は診療不可能。。。

一度、自宅に帰ってもらって、ほとぼりがさめたころ、お渡しした、猫
袋(洗たくネット)になんとかいれて来ていただくことにしました。

腫瘍+はこう(びっこ)なので、早めに診れるといいのですが。。。。
2009年11月10日 (火) | 編集 |
1週間ほど、食べれない、時々嘔吐の6歳のニャンが先ほど
来院されました。

血液検査の結果 BUN 140 オーバー の 尿毒症(腎不全)。

BUNが上がる要因はほかに、腹膜炎や腸閉塞、腸ねんてん
などもありますが、それらは除外できるようです。

そんな悪い状態なのに、診察台に上ではなんと「ゴーロゴーロ」と
喉をならしています。。
おそらく、体長不良から中和的にエンドルフィン(脳内モルヒネ)が
分泌されている可能性が高いです。

まだ、若く、食事も市販のドライのみ、FELV/FIVも過去陰性の子。

活性炭カプセルをうまく飲んでくれてひと安心ですが、気持ち悪くて
おう吐してしまうことでしょう。。

数日入院の予定です。がんばれ~。

今日は朝から小雨模様で最高気温4度!!雪もまじるかもしれません。
寒いよ~。

2009年11月09日 (月) | 編集 |
今日の昼の部手術は、ダックスちゃん(雌 6か月)
体重3.7キロの小柄な子。
今後の乳腺腫瘍発生の確率などを考慮にいれ、初回
発情前にということで、先ほど無事終了です。

ちょっと前までは、生後半年?というと「う~んまだちょっと
手術には早いんでないかい。。」というスタンスでしたが、
最近では、積極的に早期不妊手術をやってます。

もちろん、飼い主さんからの提案、同意を前提にです。

※ 卵巣のみ切除ではなく、卵巣子宮の全摘出のスタン
  スは以前と変わらずです。(卵巣のみ切除で数年後、
  子宮がんとか子宮蓄膿症とかの症例を見ていますので。。)

あ、追記で、昨日の仁-JIN-のお話。

やはり夕霧ねえさんは時すでに遅し、、でしたね。。。でもよい
最後を迎えることができてよかったですね。

例のペニシリン、、時代を逆行すること70年、効果はやはり不安
定のようですが、薬効はたしかのようです。

で、洪庵先生!!史実では「労咳」(肺結核)で、亡くなってしまうの
ですが、ペニシリンは投与しないのでしょうか?洪庵先生の命は?

結核といえば、ドラマではまだ登場しませんが、新撰組一番隊隊長
天才沖田総司!彼にもペニシリンは絡まないのでしょうかあ!

内野さんの竜馬もはまり役だけど、武田(鉄也)さんの洪庵先生も
いい味出しています、大好きです!!
2009年11月08日 (日) | 編集 |
うえ~ん。。ファイターズ負けてしまった~。一夜明けても
気分はどよどよ~。もう少しだったのにな。。
ま、また、来年に向けて始動か!ってっやぱり残念無念。。

今日も予約診療日ですので、入院患者の仮他院2件+診療
1件してから片道40分の地域へ往診2件行ってきました。

良いドライブでしたが、ここんところの良い暖気で、畑周りの
「たい肥」の痛烈な匂いがあたり一面に広がっていました(汗)
馴れ」が解決するのかと思ったら、そうでもないようですなあ。
相変わらず、いい気持はしません。。ごめんなさい農家のみな
さん!!(十勝は農業王国です)

さて現在、日曜日の7時前ですが、インスリン注射のワンを診て
から、ニャンコの皮膚縫合処置をします。
2009年11月07日 (土) | 編集 |
思いのほか、インスリンの反応が良く、昨日のブログ記事の
めんこいコーギーは好調の兆しです!
今後は一日二回のインスリン注射が必須となりますが。。。

本日土曜日はいつものように予約診療日。数件診て、ちょっと
用足しにでかけて、夜帰ってきて、また診療する予定です。

今日はめずらしくぽかぽか陽気。ニャンコもつられて道路に飛び
出すなよ~!
2009年11月06日 (金) | 編集 |
優しい性格のワン(コーギー)。見るからにメタボちゃん。
糖尿病+合併症(心臓、腎臓)で、今日から入院です。

優しいとうちゃん、か~ちゃん、じーちゃん、ばーちゃんも
心配してるぞ!状態はとても悪いけど、がんばるんよ!

うう、でも、やたら水を飲む時点で、一度病院に来てくれて
いれば。。。
2009年11月05日 (木) | 編集 |
IMGP0732.jpg

ニャンコが腹式呼吸(努力性)の場合←(おなかで息して苦しそう)
大抵は、胸腔内(簡単にいうと、、肺ではなく、胸の中)に液体
(滲出液、漏出液、膿汁など)
が溜まっていたり、「気胸」といって
肺からの空気や外傷で外部から空気が侵入している場合がとっ
ても多いものです。

私の臨床経験からは「ニャンコの腹式努力呼吸は90%以上は液体
貯留でした。。。

※つまり、液体や空気が胸の中にたまり、肺を圧迫して、肺を縮めて
 呼吸困難な状態になる。

今回のニャンコは7月から症状が出始めていたという主訴で来られたの
ですが、いかにも!というほど、ひどい、腹式努力性呼吸でした。
(ただ、肺野から呼吸音がしますし、時々、呼吸が楽になるようです。)

レントゲンやエコーで検査する前は、「うん、これは、液体貯留だろう」と思って
いたのですが、撮影後見ると、液体も、空気の貯留もなく、肺実質もきれいな
ようです。

気管狭窄?、無気肺?かなと思いましたが、そうでもなく???

縦隔洞気腫でもなさそうだし、。。。

なぜ、時々、普通の呼吸に戻るのか?? 
現在ステロイド治療で要観察です。

2009年11月04日 (水) | 編集 |
IMGP0725.jpg


昨日のブログでお話した一件(かかりつけに行ってもらった)でかなり
へこんでいましたが、朝から患者さんが途切れることなく来ていただ
いたので、ちょっち復活しました(汗)。

う~ん、よく考えれば、精査できないこともなかったかな~。。。
心臓用セクタプローブ+カラードップラーも一応ある
し、、、う~んでも、
腹水は簡単に抜けるけど、顕微鏡での細胞診断の検査苦手だし。。。。
なんて考えていますが、定期健診を毎年やっているような「かかりつけ」の
病院があるなら、やはりそちらへ行かれた方がよろしいかと。。。
今回の子も5月の血液検査では何の異常も無かったようですし。。。

某病院の先生、私が言うのなんですが、よろしくお願いします!
2009年11月03日 (火) | 編集 |
本日、日曜日の夕方5時半からたて続けに3件の急患診療依頼。
電話で確認したところ、受診された方がいいと判断し来てもらい
ました。3件とも、急性腹症的症状(おう吐、下痢などなど。。)

内、一件は、レントゲンと腹部エコーにより、明らかな腹水貯留!
心臓は特に異常なしと仮診断したのですが、よ~くエコーで探査
しても私の技術では、「肝臓肥大?」の程度しか判断できず、今後
やるとすれば、腹水一部(または全部)抜いて、細胞診、肝臓酵素
系の詳細な血液検査、詳しい心エコー探査などが必要かと思われ
ました。

しかし、当院では、これらの検査を適確に実施することは不可能と考え
飼い主さんとよく相談した上かかりつけの大きな動物病院へ、
レントゲンとエコー写真を持って、受診してもらうようにいたしました。

せっかく、遠方からきていただいたのですが、このあたりが今の私
診断能力の限界です。。。
(腹水貯留の症例はもちろん何十例も経験していますが、どれも診断は
適確についたのですが、今回はわかりませんでした。。。)

大変、申し訳ありませんでした!!
2009年11月02日 (月) | 編集 |
昨日(一昨日も)は北海道の主に道北地方(旭川や北見付近)で
この時期ではめずらしい「まとまった大雪」で10-20センチの
積雪量だったそうです。しかも湿った雪ですっごく重かったもよう。

ここ、道東地方の「南十勝」地区は北海道でも有数の豪雪地帯
および極寒地域です
が、今回は地域差で降雪はほとんどありま
せんでした。

雪の美しさや冬の青空を見れるのは良いのですが、除雪の苦労
がこれからやってくることを考えるとちょっち憂鬱になります。。

昨日は、日ハム勝利で万歳でした!!ダルもがんばったけど、
中継ぎの2投手の頑張りは凄かった!
この調子で明日からの東京決戦がんばってください。

さて、お約束?の仁-JIN-のお話。

野風さんはただの貧血ではないようですね。。。

また、どこかの民家で体にメスをいれていた医者?らしき
怪しい人物はだれか?吉原の最後のシーンで路を横切っ
た人物だと思われますが、果して??タイムスリップのキー
マンなのか??
謎だ!

あ、それと、早々と「エーテル麻酔」がでてしまいました!
予想では、華岡流麻酔術との出会いから全身麻酔可能
となるはず!と思っていたのですが。。。
確かにエーテル麻酔は海外で1846年に臨床で使われはじ
めていますので、ちょうど仁先生の時代(幕末)には、日本
に輸入されていたのかもしれません。洪庵先生が持ってい
ととは考えられないので、長崎のグラバー氏が関与か?

来週は梅毒患者さんへの治療として「ペニシリン」を抽出す
るようですが、先輩の花魁さん(患者さん)には間に合わな
いのだろう。。。
実際の世界初のペニシリン抽出(海外で)は幕末より約70
年後のお話。

さらに、歴史を変えようとも、命を救うか!仁先生!