FC2ブログ
★ どんぐり村の動物病院 S.PET.CLINIC の日常や記事  ★ 正真正銘の「村」の小さなクリニックから発信 ★ 検索フォームで過去記事のキーワード検索もできますよ!  平日9-12、15-18  【土日祝日要電話】
2010年04月21日 (水) | 編集 |
DSC03058.jpg


昨晩の骨折手術ニャンコ。一夜あけて元気です!が、予想通り患部から
下(遠位)がばんばんに腫れています。
患部周囲が広範的に内出血もしていましたので、局所循環一時的に悪く
なるのと、テーピング固定による軽いうっ血のせいですが、あくまで
いつもの予想通りなので問題はないです。

1か月ほどで抜ピンの予定です。

整形外科のエキスパートな先生なら、この部位ですと、プレートベンディング
固定や、クロスピン固定などを行うことができますが、私程度の技量ではこの
術式ぐらいしかできませんが、経験上問題なく治癒します。

さて、今日は猫不妊(卵巣のみ切除)1件、猫去勢2件 と、まあまあ忙しく
なりそうです。
スポンサーサイト



2010年04月20日 (火) | 編集 |
DSC03055-2.jpg



酪農家さんの外猫さんが「後ろ脚がぷらぷら」とのことで先ほど受診

後肢の脛骨遠位部の斜骨折+一部開放(皮膚の外へ骨が)骨折。

で、手術の了承を受け(了承受けられないこともあります)ることが
できましたので、今日の夕方診療終了後夜7時から骨折修復手術です。
髄内ピン+関節固定術(骨折ラインが関節に近いので)でやるつもりです。

ヤブだけど、この程度の骨折手術はノープロブレム(爆)
助手なしでまったく一人でもやれるのだ(^^)v

ニャンコ安心せいよ!

※画像をアップするのはデータ管理と、「この程度であれば治ります」と
 飼い主さんらに見てもらうためです。
 例えば、、、

 「おお、こんなヒドイ腫瘍でもきれいに切除できるんだ。あきらめては
 いけないなあ
」などと思っていただければ幸いです。

※ワンドッグフードドライ例えば大袋8キロ、一度開封し、袋のまま保存して
 も直射日光の場所や高温多湿の場所にわざとおかない「普通の管理」であれば
 およそ一か月程度は「腐敗」することはないのですが、何か誤解があるのかな?

※曲がったことが嫌い。。ではないです。「獣医学的に明らかな間違いや誤解
を生むような事象は訂正せずにはいられない
」だけです。曲がったことは
大好きですよ。

※ガンが緩和するようなサプリメントは存在しませんが、軟骨障害とか関節障害
に使うサプリメントは有用な獣医学的データがありますので、良く処方しており
ます。
2010年04月15日 (木) | 編集 |
先日、運びこまれた股関節脱臼の若ニャン。。
入院6日経過(入院治療費一日500円で)した
ので、今日、テーピング固定を除去。

当初から、患脚に知覚(痛覚)、筋肉反射もなく、
「う~む。。」「脱臼だけではないか~。。」と
予想はしていたのですが、案の定、股関節から
下が「麻痺」状態です(もちろん片脚のみ)。

※初診時から「神経麻痺」については保護された方
 へお伝え済みです。

血行は問題ないようです。

うが~、、、今後は患脚をぷらぷらさせての生活か・・・・。

なんとかしてあげられないものか。。
2009年05月08日 (金) | 編集 |
成猫(体重4.8キロ)で筋肉十分な若猫。骨量も豊かな
丈夫そうな体格。

家の中での何らかのアクシデントにより、大腿骨2か所
の重大な骨折事故

通常なら野外での交通事故以外は考えられないほどの
非常に強い衝撃が加わったと推測。。

ミニピン(犬)や、チワワが高いところから降りて前腕骨
骨折するのとは衝撃力が違う。。
なんせ、強靭な筋肉に覆われた猫の大腿骨ですから。

大腿骨頚部骨折と遠位骨折(成長版ではない)。。
粉砕部が厄介でした。。

さきほど、なんとか無事終了しました。

現在8時チョイ前。。。本日の診療終了です。

気温上昇とともに、最近は診療件数が多いようです。
フィラリア関連は相変わらず無いも同然ですが(汗)。。
2009年04月14日 (火) | 編集 |
IMGP0583.jpg


昨日の手術。
酪農家さんの外猫ニャンがクルマにひかれ(あたり)典型的な
骨幹の斜骨折を起こしていました(三分割)。

髄内ピン単独使用。 全周ワイヤリングしようかなと思いました
が骨片もふくめて、案外固定がしっかりしていたので、これで
よしとしました。

小さい骨片が一部浮いてしまいましたが、骨膜反応→化骨形成
の段階で棘になっている部分も滑らかになるので心配はいりませ
ん。。

本当は、もうちょっとうまくやれればよかったのですが(大汗)。

数週間後に、抜ピンの予定です。

※やはり外で自由な子たちは交通事故の危険はつきまといます。
 注意しましょう。。。。といっても無理か。。。